Search

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ようやく復調
 退職した途端、延々医者通いかいなと思ったけれど、先週後半くらいからどうにか復調。
どう変わるにせよ、環境の変化というのは、体に負担らしい。
過敏性からくる胃腸炎が終わったかなと思った頃、ウィルス性腸炎になったときは、もうどうしてくれようかと思った。
 ウィルス性の方が負担は大きく、消耗が激しい。
  
 何とかして、この具合の悪い時期を一年にせめて二回くらいに留めるべく、それから圧倒的に運動量が減ったであろうことを懸念して、早朝の散歩を始めてみた。多分胃腸の動きも良くなるはず。
 どうせ少し前までは、5時半には起きていたのだし。同じように起きれば済む話。
 
 自宅近くに、東京都との県境になっている小さな川があって、そのほとりはウォーキングロードのようになっているのだけれど、その整備のおかげで、かえって早朝から人やら犬やらで混雑(?)しているらしい。…ので、あえて王道は外してみる。
 いや、もう一つ理由はある。
 まったくの自然の中、というのがどうも苦手だ。
 心の癖として、「何かあったら」どうしようもない場所、というのが好きでない。
 小川のほとりの小道なんぞ、救急車入れないからね・・・。
 実際、数分以上に及ぶ上質性瀕拍発作や何をしても治まらないパニック発作で救急車を呼んだ経験が、こういう心の癖に結びつくんだろう。

 ともあれ、街も捨てたものじゃない。
 今日は約40分歩いてみた。
 F病院の方へ向かって、F3丁目の信号を左に、線路沿いへ出て駅前をすぎ、感じの悪いオヤジがやってる氷屋さんの先から県道へ出て、A大学の正門へ、昔住んでいた賃貸マンションの前を通って、グルメシティの前を通り自宅に戻る。←誰もわからないw

 涼しくて、人がいなくて、車も少なく、空気まで澄んでいるかのよう。

 早朝は、街にも透明感があった。





 と、素敵にまとめてみたものの、

 問題は、散歩とかジョギングとか、体を使う約束事は続いた事がないってことなんだ…。(´・ω・`)
 
posted by: プレア | 美容と健康 | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
病気自慢などしたくはないが

もうやんなっちゃうんだぜー。
なんか聞いてもらいたくて。←かまってちゃん…

やっぱり病気かなあと思って病院に行くくせに、「ええそう、それはこういう病気です」とはっきり言われると結構しょんぼりするって、人間の変なところだよね。

実は今日、新たな病気が私に追加されました。

「発作性(たぶん上室性)頻拍」

不整脈のひとつで、直ちに命に関わることは無いけれど、あまり長時間続くと心不全になることもあるとかで放置もできず、今回ちゃんと調べていただくことにしました。

期外収縮は中学生くらいから、たまにあったんです。
どっくん、どっくん、どくどくどっくん、どっくん…
気持ち悪いなー、と思っていましたが、医者は大丈夫だと言うし、体質だろうと呑気に考えて。

ところが、最近起こる「発作性頻拍」は期外収縮がデフォルトになった打ち方。
どくどくどくどくどくどくどく…印象としてはぐるぐるぐるぐる! でもある。
脈拍は180〜200以上。
うわー、こりゃやばいって思う苦しさです。

実は突然脈拍200くらいになる頻拍発作を、数年前から今まで5〜6回経験しています。
明らかにパニック発作じゃないです。
不安や恐怖もないのに、先にいきなり心臓が走り出すのですから、順序が逆。
おとといこの発作が、いつもは1分〜2分で治まるんですけど、今回初めて5分も続いて
「だめだ、こりゃー自分では治められない、めまいもしてきたし、しょうがない、意識があるうちに呼ぼう…(119)」

残念ながら、病院到着時には、発作が治まってしまっていて、その心電図が取れなかったんですけどね。
救急の先生に、早めに循環器の診察を受けてくださいねって言われて、今日に至った次第。
やはり循環器の先生は、その時の心電図が欲しいんだよね。
だからこんなことをおっしゃる。

「発作を誘発するような行動に心当たりがあるのなら、そういう行動をして、なるべく発作起こすようにしてください、あ、冷たい水飲むと効く人がいるから必ず用意してみてね?」


い・や・だ・よーーーー!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


何ということを気楽に言うのだ…。
突然心臓が踊り狂う苦痛と恐怖を知らないから、先生は…。
羽の扇子でも持たせたろか、心臓に。私も楽しくなるかも、だ。
(ある店の名前が浮かんだあなたは、バブル期に遊んだ人です)

でも、私は素直だからな…。
明日出かけるんだけど、小走りに出かけるよ、わかったよ。

誘発要因の心当たり、なきにしもあらず。

大抵は、朝か午前中に 「急いで行動しているとき」
何か急がなくちゃいけなくて、心理的な焦りと、身体的負担が重なるとき、かな。

あとは
「胃カメラの前、ブスコパンという注射をされたとき」
今から思えばあれは衝撃的な初発作でしたねぇ…。
時間にして、1分かそこらだと思うんだけど。
あの時はモニターがついていたので、死に際の人のようにアラームが鳴り続け、慌てる看護師さんたち。

…ん?そのときの心電図って残ってないかしら…。

頻度があがったり、長時間の発作が続くようなら、カテーテルアブレーションをするそうです。
それはもちろん入院が必要…。
カテーテルアブレーションとは、心臓まで管を入れて、不整脈を起こす異常な神経回路を焼いてしまうという手術だそうです。
怖ーっ!

言えないなー…当分父には言えない。
すごい心配して大騒ぎしそうだもの。
少なくとも、父よりは長生きしないと。

まー、人生いろいろあるよね。
何事も経験だな。

posted by: プレア | 美容と健康 | 17:56 | comments(3) | trackbacks(0) |-
くるくるぱーま
タイトルの「ま」を読まなかった人は、明日までにレポート2000字以内で提出のこと。ワープロ不可。
テーマは「現代日本におけるくるくるぱーの普及の実際について、例を挙げながらまとめなさい」



冗談はともかく。


初めてデジタルパーマをかけました。

ありゃー不思議だね。

ロット巻いた先からコードが出ていて、私の背後に控えた機械に繋がってんの。
要はあれだよ、つまりいわゆるひとつのデジタルでパーマをかけているわけだよ、よく分からないけど。
で、何本もロット巻くわけだから、私の脳と機械が何本ものコードで繋がってるみたいに見えるわけ。

ぼーっと座っていると、脳から何かが吸い取られているように見えるから、シャキッとした顔で座っていた方がいいね、あれは。
そうすると、頭脳に何か有益なデータが送られているかのように見えるからね。
タイマーがチーンとか鳴って、全部外したら三ヶ国語くらいマスターしてたらいいよね。

まあそんなこともなく、髪だけがクルクルに仕上がったわけなんですよ。

担当の美容師さんは、腕が良くて人気者なので、サブについていた男性が、仕上げのブローをしてくれたんだけど、デジタルパーマっつーのは、指先1つ次第でニュアンスが変わる。

その人のブロー後、全部縦ロールになってた。

§≧∇≦§ おーほっほっほほ

やめて。
…王様のブランチの姫様じゃないんだから。

担当さんが戻ってきて、「アラアラ…w」とか言いながら、ふわふわくるりんのニュアンスに変えてくれてホッとしましたけど。

そんなわけで、数年ぶりにソフトなウェーブを耳から下くらいにつけてみました。
ああ、ごめんなさい、結構似合っちゃってる、マジで。(爆)
なんというか、年の割には頑張っているで賞、みたいな賞がもらえそうです。


…下さい。


娘がいいました。


「この調子で。今後も若作りでいくように(`・ω・´)」


…………。


誰か、なんでコイツがこんなに上から目線なのか教えてくれませんか。
posted by: プレア | 美容と健康 | 12:50 | comments(4) | trackbacks(0) |-
歌好きが声でないとかあり得ない
風邪をこじらせたのか、声帯炎とやらです。痛々しい声をしております。

…あまり話すなと言われると、どういうわけかついったーもしちゃいけない気分になるのはなんでしょうか。
何かを発信すること自体、ダメな気がするんでしょうかね。

耳鼻咽喉科で、鼻から喉を診る内視鏡されますた。

結構痛いのよね、あれ。
鼻に麻酔のスプレーしてくれたんだけど、やはりつーんとします。
でも喉は侮れないので、やってもらって安心しました。
喉頭蓋の炎症だと呼吸困難の恐れがありますけん。
これが怖かったので、まったく声が出なかった土曜日、耳鼻科に行ったのです。
せっせと抗生剤と抗炎症剤で、炎症を治めたいと思います。


今朝、本社からかかってきた電話で、

「あれ、今日は**さんはお休みなんですか?」
「私**ですけど、これでも一応…」
「えっ、うそっ、(ノ∇≦*)キャハッッッ」

(;`O´)oコラー!、笑うとこかーい。。
ああ、そうかい、ダレだか分からないほど枯れているのだね。。。

あまり話すな…か。だったら本当は仕事休んだ方がいいんだべなー…。

ま、無理だな。

普段軽く見がちですが、結構のどの不調って、不便で寂しいものです。
今回、身に沁みた。
はやくカラオケ行けるようになりたい。
…レポートが先だけど。(爆)
喉に良いハーブティ飲もうっと。
それから、クーラーかけて寝るときは、マスクして寝よう。

*

先月のブログより
>Aは無理だな。
>よくてB、悪くてC、何か勘違いしていたら、デラックス判定(D)…怖いよー。)゜0゜(

信じられん、体育理論Aだった…。

レポートもそう思ったけど、甘いなーー、この科目の先生方。

謙遜ではなく、本当にそんな手ごたえはこれっぽっちもなかった。

でも、小さな一歩、亀のような一歩、有難く頂戴いたします。<(_ _)>

問題はこないだ終わった夏のスクーリングだよ…。あーー気がかりだ。


*

東海大相模、決勝ではもう力尽きてた感じだね。

途中で見るのが辛くなって、テレビ消しました。

でも、決勝まで残れるのは、大したもんです。

楽しかったな、予選からずっと。ありがとう。

1相模原市民より♪

*

通勤途中の花屋に「ハゲイトウ」というPOPがあって、ハゲ伊藤?すごいこと書くなあと思ったら、
葉ケイトウのことだった。

あー、びっくらびっくら。

…濁点、いらないんじゃない?
posted by: プレア | 美容と健康 | 12:56 | comments(4) | trackbacks(0) |-
春⇔冬

昨日はジャケット一枚。
今日は冬のコートとマフラー。自転車に乗るのに手袋忘れて手が真っ赤。


この春、一体我々にどうしろと。


*

何日か前のこと。
造顔マッサージしようとして、痒み止めクリームで顔中マッサージした…(´・ω・`)

すごいショックだった。


*

例の、なんとか肩ですが…、

整形外科→整骨院に変えました。

色々試してみて、整骨院の方が


楽しいんだもん。


他にも理由はあるよ。

施術の間に馬鹿な話をしてくれる。

元気な修業中の兄さんたちがチヤホヤしてくれる。

施術の後、劇的に腕の可動域が広がっている。(一時的)

内容の割に相当安い。(←大事)

元気な兄さんたちが40分くらいチラホヤしてくれて500円ですよ、奥さん。
あれで執事の格好でもしてりゃ、大繁盛だろ。

すみません、ちょっと勘違いしました。<(_ _)>


院長、今日雨の中(休診日)、60代の女性の患者さん二人に、山菜取りに連行されるんだって。

3時起きでドナドナ。

しかも超寒いじゃないですか、今日…。すまん。笑える。


なんかね、どこかを痛めた老若男女の集まる、明るいサロンみたいなとこだね。

早く肩を治したいが、眼精疲労にも対応ってことだから、治ってもたまにサロン…じゃなくて整骨院には通いたい。

は〜…今日も冷たい雨が降ってます。
皆様、温度調節大変ですが、体調にはお気をつけなすって♪

posted by: プレア | 美容と健康 | 12:50 | comments(4) | trackbacks(0) |-
満身創痍
 毎回毎回、病気自慢みたいな記事をエントリーする趣味はないんですがね…。


眼精疲労にしてはよく目が腫れ、充血も激しいので、もう眼科に駆け込みました。
目の余命宣告も覚悟しつつ(大げさ)

「あーー…ドライアイですねぇ…そのせいで角膜に無数の傷が…。アレルギーによる結膜炎もあります。これはゴロゴロしたり痛かったりしたでしょう」

むしろよくここまで耐えたな的な苦笑いと目薬をもらいました。
眼精疲労も根っこにはあるんだろうが、もうちょっと厄介ですた。

また通院場所GETだぜ♪

いやいやそうじゃなくて……orz

でもって、紫外線あびまくりの今の環境について聞くの忘れた。
次回聞いてみよう。いいわけはないと思うけど。

でもさすがに医師が処方する目薬はよく効き、ゴロゴロ感は即座に消えた。
あとは使いすぎたときのショボショボ感、ヒリヒリ感と痒みと腫れだな。
どうということはない。(強がり)

ドライアイ用の目薬には「ヒアロンサン」って書いてある。
もろヒアルロン酸だな、これは。
飲んだらお肌に効きますか?

角膜と結膜炎の薬は…今調べたらステロイドだった…。

何だろうね。
シロウトってどうしてステロイドにビビるんだろうね。
基本、必要だから出されたのだと思う素直な患者なんだけど、「え、マジ?ステロイドっ?!」って今言った。
うん、ステロイドだ。よし。

でもお陰様で少しずつ楽になっているので、そーーっとレポート書いています。
集中しすぎるとまばたきが減って余計に乾くので、ヘラヘラしながら書くことにしますた。(爆)
この取り組み方がどのような影響を及ぼすか、楽しみです。

*

そのほか、今口内炎が多発して、非常に痛いです。
それで満身創痍。
口内清潔はもちろんのこと、チョ*ラBB投入中。

*

おっと忘れちゃいけない、五十肩♪
今日はリハビリだぜ!


*

……。

まああの…、ええと、こんなもんでしょう。

栄養のバランスに気をつけて、少しずつ…。

*

いい加減いやんなっちまうので、病気の話はおしまい。
最近私の聖書が本当に聖書になりつつあるお話。

ええと、クリスチャンではありませんが、高校がミッションスクールだったので、15のときから聖書は持っています。

途中、結婚や引越しなどで大胆にも無くしてしまったり、
「無くしたんだっけな、やはり一冊は…」と二度思って、その都度買った
ので、ハンディサイズの新約聖書がうちには二冊あります。(汗)

今ベッド脇が書棚というレイアウトで、寝付けないときに本に手を伸ばして(そしてさらに眼精疲労)睡魔を待つわけですが、新約聖書に手を伸ばすこともある。

そのときは任意のページを開くことにしています。
いっせーのせ。
開いたページが、今自分が抱えた問題の大きなヒントだったり、今の自分への戒めにしか聞こえない、すごくFITした内容であることが多い。

驚いちゃって、余計眠れなかったり。←ダメじゃん

不思議だな。
なんだかとても有難い。

個人的には、コリントの信徒への手紙、ローマ信徒への手紙が好きですね。
posted by: プレア | 美容と健康 | 12:51 | comments(2) | trackbacks(0) |-
目には目を
いや、疲れ目と花粉症で目が腫れたら、目を冷やせって意味よ?

あとねぇ、私のデスク窓を向いているんですよ。

やっぱり私は窓際族だったのか……。
今知った、驚愕の事実。( ̄□||||!!

だから、電話営業なんか手伝わされるんだ…。


そうじゃなくて。
目は紫外線に弱いらしいんです。
それを毎日午後浴びているっていうのが、ダメなんじゃないかと。

疲れ目には目を冷やせ。
そして、事務所のレイアウト変えよう。
お肌にも悪いし、ここに一日座っていると最近夕方目がどうしようもなくなっていて、(←もう眼科行けよw)、肩も首もバリバリ。

目・肩・腰に効くとかいうビタミン剤も飲んでます。
今日は忘れたけど。(!)
しょうがない、引き出しに入っているビタミンCでも飲んでおこう。ちょっと違うけど、BとCはお隣同士だから、きっと何とかしてくれる。
…だめか。

PCも携帯も繋ぐ時間を減らしています。
mixiのアプリは、学習系二つを残して、すべて自粛することにしました。
そんなわけ常日頃に増して素っ気無い女になっておりますが、(特にmixiとか)何の悪気もありません。
あるのは「老いの兆し」のみでございますゆえ、今後ともどうぞよろしく。


目と肩の養生のためにここ二日ばかり早寝をしているが、精神的に焦って、よくない。

「今日も勉強できない」・・・。

まずいなあ、何がまずいって、こういう考え方がまずい。

まずはとにかく治そうと努力することだよ。>よし整理した。


しかし、こっちが悪いあっちが悪いと、こういうの不定愁訴っていうのかい?Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

働いている分、それなりにしゃんとしているつもりだけれど、これは色々覚悟だ。

「実年への準備をせよ」
「今のままでいいのか」

そんなことを言われている気がしなくもない。


とにかくねえ、私、iPhoneがほしいんだけど。 (←?)
posted by: プレア | 美容と健康 | 12:47 | comments(3) | trackbacks(0) |-
ああそうか

乳液って大事なのね。

化粧水と美容液で今までは充分だったんだけど、最近年のせいかそれでも乾燥するので、色々調べたら

乳液って化粧水や美容液の保湿成分が逃げないようにフタをする役目なのね。


初めて、知ったしww


乳液って何の役に立つのか知らなかった(爆)

今までの、私の乳液イメージ


「気休め」
「ダメ押し」
「気は心」
「念のため」


…。
そうか、フタか。
二日間真面目に乳液までつけただけで、今日は大分違います。

相当損していた模様。

|出口| λ............トボトボ


posted by: プレア | 美容と健康 | 12:43 | comments(5) | trackbacks(0) |-
推定ジプシー終了
化粧品のお話です。
 
「これだ!」を探してジプシーをしてしまうのが、妙齢以降の女性の生態であるという私の認識は正しいですよね?

で、「これだ!」に最近二品出会い、ちょっと嬉しい気分です。


1つは化粧水。

M-dear

これは皮膚科に行かないと、手に入りません。
全品そろえると数万してしまうので、一番のオススメと言われた「リニューローション」を使っています。

EGFという、ノーベル賞受賞した細胞再生成分を配合し、シミ・シワ・タルミに強力に働きかけるらしいです。
まだ一本の1/4くらいしか使っていないのですが、すでに肌の柔らかさが違ってきた。
それと、化粧のノリ。

まあ最近徹底した洗顔をサボらずに続けているので、それもあるかもしれないけれども、この化粧水をつけたいがために、まめに洗顔しているという惚れっぷり。

テクスチャーはややねっとり。乾燥肌が大喜びして踊り出す。←?
浸透させるべく、次のものを塗るまで時間をおきます。
これは佐伯チズ先生も推奨していますよね。
慌てると美は手に入らないのだそうです。
十分吸収したかなという頃に美容液を追加。それでもう保湿は十分のようですが、肌に疲れがあるとき、大事な日の前はクリームも追加。
頬のさわり心地がふっくらしてきました。
2本くらい続けて使ったら、見た目も変わってきてくれると良いのですが♪

ただ、もったいなくて拭き取りに使えないので、私はもう一本惜しげなく拭き取りに使える化粧水も用意しておきます。

女医先生の皮膚科との出会いは、美容面にも知識や機会をくれて、いい勉強になります。
何より、クリニックで働く女性が皆、肌がプリプリしているというのが一番の宣伝効果でしょうね。

これも背中のアテローム(良性腫瘍)のお陰w

アテロームくん、ありがとう♪
感謝してはいるんだが、そろそろ切除してもらっちゃうんだぜ?(人でなし…)


もう1つはBBクリーム。

BBって、色々あるのはご存知ですか。
よく市販されているのは大抵「ハンスキン」のものでしょう?あれはちょっと高いよね…。
まったく円高が還元されてなくて、国内のどこかが相当儲けてる印象。
私が今まで使っていたのは、「ボーンスキン」とかいう、限りなくまがい物に近い(笑)BBクリーム。
UVケアも何もなく、ただ保湿力が高く伸びがいい下地クリームという感じ。
エアコンの部屋にいても、夜までかさつかないのでたまに使ってましたが、ほれ込むほどのもんでもなかった。
別途UVケアをしなければならなかったし、ちょっと面倒で。

ところがっ!!!

メイクの仕事をされているお友達が、「BBと言ったらこれ!これ一本で完璧!」というものを教えてくださって…!!!
使ってみたらあらまーーーーびっくらこいたよ、おら。

保湿・UVケア・カバー・伸び・すべてを満足させるBBクリーム。
もはや万能ファンデーションでした。

んーー…教えたくない。(爆)


じゃあ小さな声で。


aviselle


マジで良かった、これは。
惚れてネットでまとめ買いしちゃったス。ストックは万全ス。

ただ、韓国製の化粧品は必ずといっていいほど香料が入ってるようです。
これもそう。昔懐かしいお母さんの白粉の香り。
最近の日本製には香料はないので、香りがダメという人はいるかもしれません。

*

最近、人気が高い「道尾秀介」を読んでみた。
「向日葵の咲かない夏」
これは好き嫌いのはっきり別れる作品とあとがきにも書いてあったが、、、私はダメだったな。。。
「龍神の雨」にも興味があるんだけど、ちょっと二の足を踏んでしまった。

ここまで書く必要ある?というグロ描写はまあ、救いがあればそれもいいんだけど、ストーリーにも救いがなくて、読後感がウツのみだった。…私はね。

心がパワフルで、怖いほどいいという若い男性にはきっと刺激的でいいんだろう。

やはりしばらくは村上春樹の描写力に酔うことにしよう。
昨夜短編でうなった表現があった。・・・ほんと、うなった。
またそれは後日、気が向いたら…。
ヾ(=・ω・=)
posted by: プレア | 美容と健康 | 11:30 | comments(3) | trackbacks(0) |-
‘縁’という不思議


実は背中に「アテローム」とかいう良性の腫瘍ができてしまいまして。
まあ色々医者通いの忙しい女だな、という感想を抱いたアナタ。
とても正しいです。(薄笑い)

放っておいてもいいんだけど、徐々に育っているし、破裂したり化膿したりするのが厄介だそうなので、涼しくなったら手術をしてもらうことにしました。
あ、これは通院でできるのよ、皮膚科でちゃっちゃと切ってもらえば終了。

そんなわけで皮膚科にかかりつけができたんですが、先日この件で行ったときに、気になるPOPが診察室にかかってて…美容部門ね。
女医さんだけに、こういうのが豊富なクリニック。
そういや、ここのスタッフ皆お肌がパンと張ってるんですよ。さすが皮膚科だなと思ってたんですが、こういうもののスタッフ割引という恩恵に授かっているのかもしれないですね。


キャンペーン期間中につき半額


私「先生…これ半額なんですね…」
先生「そう、興味あるならやってみます?なかなかいいわよ。まあコラーゲン注入には負けるけど」
私「ふーん…」

とっさにソロバンをはじき、ボーナス-(住宅ローン+学費貯蓄分+固定資産税+三人の定期代)、+最近贅沢してないよね?という自分ご褒美的要素


答えは

「やってみたいです♪」

アクシ*ームという美顔器なんだけど、いや、素晴らしかったですよ。
医療機器だからエステより全然効果高いと思います。
まあうちは大学生二人抱えて絶賛好評節約中なので、そうそうハマれるもんじゃないですが。

でもその効果を話したいんじゃないんです。
その施術をしてくれたスタッフさんとの出会いを話したい。

こんなこともあるのねーと驚きに値する、高シンクロ率。
読書の傾向から、人間関係の価値観から、やけに気が合う。
そのうち「おくりびと」の話になったから、ためしに「この人、死についてどう思ってるんだろう」と思い、振ってみたんですよね。

「主人公が納棺師になったのを周囲が受け入れられなかったのって、結局「死」を受け入れてないってことですよね。悪いものとか穢れとか思ってて」

そしたら、施術していた手が止まって。

「っそうっ!!!!そうそうそうそう、ソウナンデスヨッ!!!」

のだめ かい。。。

それから、日本人には正しい宗教心が欠けてるとか、ある程度の宗教心があった方が死生観は育つよねとか、話して。
何だろう、この人、私と似たような環境で育って、似たような体験をしてきた人かしらと思いました。


挙句の果てに…。

「やけに話が合いますね…」

『きっとそういう人と出会うようになってるんですね』って声を揃えて言ってしまうんですよ。

やーーー…奇妙な体験だったなぁ…。
またおしゃべりしたいなあ。


…というアク*ダーム継続の言い訳ではありません。(汗)


*

タニハラさん、お誕生日おめでとう♪

映画版のだめの「指揮者・松田」役も、おめでとう。
タマキさんも好きだし、初日舞台挨拶観にいきたいくらいだぜ。

が、松田ってどんな人だったのか、思い出せません。
のだめコミック、たしかブックオフりました…。orz
誰だ。どんなビジュアルだ。分からん…。
イライラするぞ、ムッキャーーーー。

posted by: プレア | 美容と健康 | 12:25 | comments(3) | trackbacks(0) |-