Search

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
香り

先日、神戸にいってきました。

そこでした体験の中で、エキサイティングだったのが、フィギュアスケートの観覧とオリジナル香水。

元々フィギュアは大好きなんですが、最近娘が私以上に萌えているので、娘に誘われ、半分は旅行ってことで神戸までのこのこと。
いやー、いいですねー。
豪快かつ優美。
生で見たのが初めてなので、口ポカンですよ。
大輔さんは、選手生活あと一年足らずと公言していらっしゃる。
是非とも笑顔で終わってほしいなあと思います。メダルどうこうよりも。
世界一のステップを目の前で見て、それはもう圧巻でした。
しかし、大輔さんのファンは年齢層が高いのね。
これは意外だった。

翌日異人館街へ出かけ、オランダ館へ。
かねてより興味のあった、オリジナル香水を作ってもらうことに。

星座や血液型、年齢、ファッションや音楽、色の好み等から、調香師がエッセンスを数種類チョイスして自分専用の香水をその場で作ってくれます。

感想。

ちょっとクドいかも?

シャネルの5番に少し似ていて、なおかつオリエンタルな要素を加えたような感じ。
トップノートはケバい。

娘に言わせると、「金持ちのマダムの匂い」

私が抱いた印象は、、、そうだなぁ、百貨店のセールでワゴンに群がっているけれど、いつもは「セールなんて行きませんよ?」と言っているやや明るい茶髪の中高年ご婦人の香り。
自分の後ろから腕を伸ばしてきて、いいなと思っていたカットソーをムンズと掴んでしまう方にありがちな香り。

ちょっと待ってください?
それが私の印象ってことですか?
たしかにセールは行かない。人ごみが苦手なので。


でも、たまたま通りがかったら、つい寄っちゃう。


…orz
でも茶髪じゃないっす。

ミドルノート・ラストノートは悪くないので、仕事に行くかなり前につけています。
つけた直後は出られない。(笑)

ここで満足のいく仕上がりじゃなかったので、なんだかモヤモヤして、オリジナル香水を自分で調香するキットを注文してしまいました。
自分好みのブランド香水に使われているエッセンスを調べてチョイスし、そのほかに生活の中でこの香りが好き!と発見したものを加えて注文。
大変楽しみです。

私の好みは、ケバくない甘くないさっぱりしているけれども印象に残り、キリッとしてもいる。それでいて、どこかセクシーさもある中性的な香り。


わがまますぎる…。(´・ω・`)


しかし楽しみだ。

オランダ館での調香に満足していたら、買わなかったですね。
何がきっかけになるか分からないですね。


新しい趣味の予感…。


…卒論着手の年だけど。

posted by: プレア | お出かけ | 08:25 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ライブ行ってきた

18:30開演で、終わったのは21:30という大サービス。
ゲストの、あの菅野よう子さんも大活躍で、菅野曲も多くて大満足。
何よりまーやたん、可愛いし。
あれだけ予習しておいたにも関わらず知らない曲が2曲くらいあって、デビュー15年の歴史を感じた。

なんというか、声優にありがちな、目を大きく見開いたブリッコなどしない、等身大の30歳の女性。
30だろうがブリブリしなきゃならん声優さんもいるじゃないですか。(営業的事情?)
そういうの、大人にゃまったくついていけないので安心、安心。

周りを見れば、20代が一番多いが、白髪の生えたサラリーマンが一人で駆けつけていたり、30〜40代の女性が一人で参加していたり、うちみたいな母娘がいたりと、面白い客層構成。
あれなら、一人でも行けるなあ。
ヲタク風は探さないと分からないほど、いない。
さすが、まーやさん。

MCの面白い人で(ラジオから想像はついていましたが)、プレゼントをモチーフにした赤いドレスを着て
30の誕生日にこのような赤い…ってこれ衣裳?…着ぐるみだったりして。しかも丈が年々短くなって…。(可愛い〜っ、という会場からの声)……(*´ェ`*)!…もっと言え

また、パンフのために菅野さんがカメラマンをやったグラビアページがあって、グラドル風(爆)まーやが載っているのだが、それが素晴らしい出来。菅野さん、何をやらせても天才…。
そのときの大プロデューサー菅野よう子について まーやパンフ内で語る。

「「いいよ、いいよ、すごくいいよー」などと、まるでバブル期のエロカメラマン」

バブル期のエロカメラマンというものを私は知らないが、読んでいた帰りの小田急線の中で吹いた。


というわけで。
ほんとうに、楽しかった。


でも軽く食事したら、帰宅は深夜0時過ぎ。
とても疲れて、即就寝。

*

おはよう、朝だ。(?)

あらやだ不思議。

ずっと抱えていた、胃のムカムカ、目の痛み、朝のだるさなどが消えていて、久しぶりにコンタクトレンズを入れられるまでに。
なんと化粧のノリまでいい。

ここのところ、家・仕事・勉強・なんとなく体調不良につき時間があれば静養という日々を送っていた。
ある意味耐える事の多いストイックな日々。

美しい音楽と好きなアーティストの歌声でみんな洗い流してもらったかのよう。
楽しい時間が心と体を活性化して、取り去ってくれたのかしら。

年中遊び歩いているわけにはいかないが、たまには必要なんだね。
楽しいことに時間を忘れるってこと。

ありがとう、元気になれた。これでまた頑張れる。

そしたら、またたまには楽しんで、「楽しい、幸せだーーー」と叫ぼう。と思ったよ。
また行きたい。是非!

posted by: プレア | お出かけ | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
自給自足に近い町
 私は高速の運転がまだできないので、ONYにほぼずっと運転してもらいながら、山梨の親類の家にちょっと行ってきた。

八王子インターから約1時間でこんなにも生活の仕方が違うとは。前にお邪魔したときも驚いたけれど。

そもそも店がないので、皆さん野菜は基本自分の畑で作るものだと思っている。
使い切れないものは、直売所のようなところへ出して売り、また自分のところで作っていない野菜をそこで求めたり。
魚肉類、卵、パンなどはまとめ買いで保存して使っている様子。
素材から自作している本当の手作り料理がお茶の時間でも色々出てくる。

ヤーコンというものをいただき、中でも特にこれが印象に残っている。
こちらのスーパーには売ってないんだけど、地方によるのだろうか。
ほんのり素材に甘みがあって、とても美味。料理法も教えていただき、二本ばかりもらって帰る。

ヤーコンの皮をむき、細切りにして、ニンジンやハムの細切りと一緒にいためる。
オリーブオイルとあら挽き黒胡椒だけでも充分だけど、私はちょっと塩と醤油で味を調えてみた。
うまっ!
未知の味だったけど、これはすごくアリだな。
他の料理法も開拓してみたい。

こんにゃくも頂いて帰ったんだけど、これも手作り。
コンニャクイモがよく取れるのだそうで。

そのほか、自作のたくあん、自作の白菜、自作のジャガイモ料理等いただいて帰る。
どう恩返しをすればいいのやら…。
デパートでお菓子を買って送るのはちょっと違う気がして困ってるところ。

あの辺の主婦は、暇にしていない。
いつも、とても嬉しそうに食べ物を作っている印象。
上野原が長生きの村(今は市になりましたが)と言われた所以を見た気がする。

あそこへいくとなぜかしばらく専業主婦に戻りたい願望が押し寄せるんですよ。今、闘ってます。

もうちょっと働かないとね。┌|∵|┘


その辺りの親類のとある一軒に、母の七五三の写真があるんだって!!
蔵に入ってるかも、今度探しとくよ〜とのこと。
超、見たい。めちゃくちゃ楽しみ。
posted by: プレア | お出かけ | 12:13 | comments(6) | trackbacks(0) |-
女の子の戦いは始まっていた
土曜日は成人式のお着物祭りでした。
娘、来年なんですけど。
でも、今年の成人式が終わったときから争奪戦が始まるのね、特にレンタル。
新品レンタルで最新柄を狙っていたので、展示会初日に行きました。

「振袖〜〜?めんどい…いいよおかーさん、適当に決めといて」

だった娘が豹変。
やっぱり日本の女の子なのよねぇ。ヲタクでも。←関係ない?

「こ、これ…一回着てみてもいいですか?多分成人式には着ないと思うけど、着てみたいっす!」

とっかえひっかえ、3時間。。。

そりゃー母も楽しかったです。
今さ、伊達襟や半襟が半端ないほどおしゃれでさ、フリルやらラインストーンやらがついた伊達襟とかあんのよ。
そんなのどうなの?って思うんだけど、それがまたおかしくないっていうか、可愛いんだわ。
私の頃はそっけない白の半襟に伊達襟一色のみだったからね。
その直後に初めて刺繍半襟が出てきたんだよね。
帯飾りも皆つけるし華やか、華やか♪
見ているだけでも気持ちが華やぎます。
帯飾りは当然私が手作りをすることに。

去年の製作メインはお嫁さんだったけど、今年の製作メインは娘の帯飾りですな。
ひゃほー、頑張ります。

なんと、半年近くレンタルさせてくれるんですね。だから高いんか…。
写真は秋ごろとっとと撮影してしまうものなんですね。
家族写真も撮ることにしたので、久しぶりに私も和服を引っ張り出して着たいと思います。

うはー、楽しみじゃ。

いやー…息子はスーツ買い与えて
「じゃ、コレ着て式に出てね^^ノシ」
とニッコリして終わりだったんだが…。ははは(汗)

なんという違い。

お金は大変だが、楽しいことは楽しい。。。
母が生きてたら一緒にレンタルやさんでフィーバーしていたことだろうと思い、
一瞬目頭が熱くなっちゃった。
いやいや、フィーバーしてたね、多分一緒に。

さてここでクイズです。

有名チェーン店での新品・新作振袖一式レンタル。貸し出し期間約半年。写真2ポーズ付。美容室ヘアメイク着付け1万円でご優待。

着物によってピンきりですが、中程度ランクで、いくらくらいだと思います?
できれば検索しないで想像してみてくだしー。

ヒント・ぶっちゃけ驚いた。
posted by: プレア | お出かけ | 10:35 | comments(6) | trackbacks(0) |-
正月模様
あーーーーー…。
やっと会社の自分の机に戻ってきた。
ここが一番落ち着く。
次に、自分ちのキッチンのスツール。

どうもダメなんです、非日常は肉体的にも精神的にも疲労して。
Ordinary、万歳。

まだ家に帰ると非日常ですけどね。ま、そのくらいは乗り切りたいと思います。

フランス語がラストスパートを迎えております。
今月末が試験ですが、テキストをまだ網羅していません。(爆)
かなり読解はできるようになったけど、仏作文がまだできない。
語順が英語と違うものがまずダメ。

でもって動詞、変化しすぎ。
お前何者ってほど、原型を留めないほど変化すんな。

未来は未来、過去は過去。
半過去ってなんじゃ、過去なのかそうじゃないのかはっきりせぃ。
大過去ってなんじゃ、そんな昔のことは忘れろ。

…山ほど文句はあるが、文句を言ってもフランス語が変わるはずもなく…。
あと20日、もがくことにします。

でもいつも興味深く思うのは、名詞についた性別。
最初に誰が性別をつけたのか、意味深な性別が多いです。
習わない人にも聞き覚えがあると思うんだけど、男性名詞には定冠詞(英語のthe)はle(ル)がついて、女性名詞には定冠詞だとla(ラ)がつきます。
ラ・セゾンとか、ル・クプルとか。

たとえば…

男性名詞… ネクタイ・本・雲・空・虹・木・大陸・夢

(-_-;ウーン…。意図して男に壮大なイメージを作ってる気がする。。。

女性名詞… 暮らし・協力・家・季節・雨・雷・嵐・足首・現実

雨・雷・嵐って…一体どんな女性と暮らしていたんですか…。

そして

足首。

足首と言えば女ですかww

そして夢と現実を見事に性別分けしてくれました。
夢を見るのは男?現実を見るのは女?ホントかーー?

これ考えたの、太古の昔の学者@だねぇ…。きっと。


もっとム?と思うのは、カエル、雪崩、トラ、短気、羞恥心、束縛…なんてのも女性名詞になってます。もちろん、前向きな言葉もないわけじゃないけど、どうも謎めいて扱いにくいのが女性と思っているふしが…。かと思うと「単純」「堕落」も女だったり、やはり蔑視ですかね。

‘じつに面白いっ’といつも思いつつ辞書を引いています。

----------------------------------------

久しぶりに映画を観ました。
続きを読む >>
posted by: プレア | お出かけ | 14:47 | comments(4) | trackbacks(0) |-
カジュアルなフォーマルの場
今日、娘の大学の入学式でした。

天候にも恵まれ、ここ数日気温が低かったことにより、桜の花も残っていてくれ、とても良い日だったと思います。
本当に東京都なのか?というくらいにのどかな山を越え(途中山梨のある村の光景にすごく似ていた)、たどり着いたのはこじんまりとちょっとオシャレなキャンパス。
周辺にはサルとかタヌキとか、絶対いる。

なんか…面白い大学でしたね。
いいとか悪いとかじゃないんですが、これまた個性的。
入学式なんですが、大層に構えてない。
これは始業式かなにかの参観か…?という感じ。

考えてみれば、入学式に向かう手順からしてそう。
「入学手続きを完了した方は、必ず入学式に出席してください」という一文が手続き要項にあるだけ。
何も来ない。
納入金の受領状況に関しては、WEB上で確認できますよと。
で、確認すると、「**さんの手続きは出来ています(正確なものは忘れた)」みたいな一文があっさりと。
書類を送っても受領書もないし、入学式のご案内とかいう文書やハガキやメール、一切ない。
今日まで、めっちゃくちゃ不安でした。
「ご、ごめんね、万一席がなかったら」
何度娘にそう言ったことか。
いやいや、ごめんで済むことじゃないけどね。

いやあの、ONYの場合、珍しく大学の入学式というものを二度も経験したんですが(爆)、もうちょっと手順からして厳か。
ご案内のハガキが来たり、封書が来たりしたもんです。

そして式の進行とか雰囲気とかも、何の気負いもない。
学長胸に花もつけてなきゃ、祝電の披露もないし、ブラスバンドの演奏もないし、んーー、みたいな感じ。
新入生もカジュアルで、原宿にいる格好のまま来ちゃった♪みたいな人目を引くオナゴもたくさんいましたね。
ああいうのも初めて見たけど、まあ服装は美術系はそんなもんかも…とは思います。

私、過去にマンモス大学の職員でした。
入学式の業務と言ったら大変なイベントだったわけです。
総長を席までご案内する係とかもいたんですわ。
祝辞を司会が読みやすくする(振り仮名とか書く)係とか。
他にも来賓の受付、ご案内、胸にリボン付け、来賓控え室接待等々。
入試課とか学生課の人は、春は大忙しで各種発送業務に追われていたはずです。

いや〜今日の大学はたしかにこじんまりした規模ですが、ここの職員は楽でいいぞぉ…。
ゆるゆるだもん。
娘が中高お世話になった学校もゆるゆるだったが、もっとゆるゆるだぞぉ…。
芸術系って、きめ細かいこと苦手なのね、きっと…。
セレモニーなんて別にどうでもいいじゃーんと、絶対根底で思ってるね、あれは。

ちなみに今年から学長が変わり、40代の映画監督が学長に。
斬新です。

今月末、自分の入学式にも出ます。
ちゃんと案内のハガキが来ましたよっ!>普通だと思う
今更って気もしますが10月生は4月生と一緒なんだそうで。
式はどうでもいいんですが、ガイダンスをちゃんと聞きたい。←今も分かっていないことが多々あり(汗)
ここはまたどんなんでしょうかね。。。
色々な大学が見られて楽しいですわ。
お、ONYなんか、二つもありがとうね、マジで。爆弾

帰りのバスから窓外を見ていたら、校舎を出た途端に馬と目が合って、すごいビックリした。
乗馬倶楽部があったのでした。
厩舎がこっちを向いていて、何頭も首を出してちょうどバスの方見てるんだもん…。
彼らにとってはこっちが見世物でした。
posted by: プレア | お出かけ | 17:16 | comments(6) | trackbacks(0) |-
今、謝恩会とは言わないのね
でも、昨日卒業式と謝恩会でした(爆)

式の最後に卒業生からのサプライズがあって、

私たちは!***で学ぶことができて!本当に!幸せでした!
ここでのことは!一生忘れません!
先生方!ありがとうございました!!

みたいな、呼びかけがあり、それで皆さんウルウル。。。
わたし?ダメですよ、もう。
仰げば尊しからすでにダメですから。
人一倍…いや人五倍涙もろいんですから…。


謝恩会は夜。赤坂近くの某ホテルにて。
隣のバンケットルームでは、某うめちゃんの息子さんの学校の謝恩会やってましたよ。
だけど、そちらは私服に着替えてのパーティ。
華やかさと大人っぽさが違う。
こちらは制服だし、そもそも子供っぽい子が多い学校だし。
「お子様たちの大お誕生会」と「大人への旅立ちパーティ」くらいの差が…。
ま。いいか。

中学卒業の謝恩会のときに、隣の席におすわりになった奥方が、よく知らない方なのに、子供の大自慢大会を始める方で、辟易した2時間を過ごしたことを思い出しましてね、
今年はサバサバ、楽しい人がお隣だといいなぁ〜♪と席に着くと



同じ人だったの………orz


また同じクラスだったのね…。


「お姉ちゃんもここを出ましてね、**市で小学校の教員をやってます。デザイナーとして二年間メーカーに勤務したんだけど、合わなかったのか、一念発起したら一発で教員採用試験に通りまして(←ここが重要らしい)ね。やっぱり教職課程は取らせたほうがいいですよ〜」

たしか三年前は、一発でメーカーにデザイナーとしての採用が決まって、活躍していることが自慢だったように記憶してます…。

「下の子(卒業生)はなんだか、大学まで美術一色になりたくないとかで、別の道を選んでしまいましてね、T大学へA.O入試で一発で通りまして(←ここが重要らしい)、推薦で上にあがる方たちよりも早く、10月にはもう決まってしまってたんですよ。文章がうまいから、それで通ったんじゃないかしら〜」

一時間もすると、
「ああ、そうですか……」(゜σ ゜)ホジホジ...
「努力されたんですね〜」(゜σ ゜)ホジホジ...
「すごいですね〜」(゜σ ゜)ホジホジ...
これを繰り返しているとうまくいくことが分かりました。(爆)


一発で決まる このフレーズが好きらしい。
そして高校卒業時の謝恩会は 3時間。
この方のお隣で、3時間を過ごしてまいりました…。
時折、耐え切れぬほど辟易してくると話題をわざとらしく変えます。
「ややっ、このムースとっても美味しいですよ、召し上がってみて?」
「さすがに**先生はお話が上手ですよねぇ〜〜…」
「あ。あれは**さんかしらっ?!」←ひどくわざとらしい
ふーーー。


一発夫人とひそかに名づけてみましたが、もう会うこともないでしょう。

どうぞ、今度はまたヨソでやってくださいまし。<(_ _)>
いや、まいったまいった。



私と娘は、会場に行く前の2〜3時間の空き時間をですね、西新宿の高層ビル内にある「平和祈念資料館」なるところで時間をつぶしました。


これが大間違い。


第二次世界大戦の各資料や再現ジオラマがあるんですけど。
抑留中は黒パンが支給されて、切り分けて一日一回食べるのみだとか、
引き上げ船の中ではおかゆと具のない汁とたくあんだけとか…。
もうとってもおもーーーい気持ちになりまして。


その後ホテルで謝恩会、フルコース食べるなんて、とんでもないほどの罪悪感が。

「なんで、よりによってこんな日に見ちゃったんだろう…」と言いながら会場へとぼとぼと向かう私たち。

皆さん、時間のつぶし方は次の予定を考えて。
ホント、そう思ったわ。
posted by: プレア | お出かけ | 13:57 | comments(13) | trackbacks(0) |-
Friday Night , Sunday Morning
金曜の夜・・・



デスノ・後編を娘にねだられて観にいきました。

ネットで座席予約、現地で受け取り、最近ナイスだね?ぃ♪

マイカルチェーンですが。

全席指定なので、指定席だからと高いこともない。

ただしカード払いのみ。



ラスト近く、私もウルウルしていたのですが、隣のたろうは

ズズズ…ズズズズ…レベルの号泣w



いやぁ…ネタバレはしないよ。

でもまさかLが#$%&'()-で、ライトが$%&'=(-*¥^しようとするなんてさーー、あれはお父さんが%#'()(|{+*?><すぎる。

はー、泣けた泣けた。

原作読んでいなくても十分楽しめますね、是非皆さんどうぞ。

オススメ♪



うーん、でも久々に見ごたえのある映画を見たなぁ前編後編と。ミサミサの子は演技がうまくて可愛いなー。Lも可愛いなー。



でもちょっとしたアクシデントが…。

実は行きに会社から自転車で全力疾走して駅へ行き(ここですでに心拍数を上げすぎ)、階段ソバに止まる苦手な混んだ車両に乗り込み(いつもは絶対に空いたところしか乗らない)、軽く発作起こしてしまいました。



それでも上演に遅れるから「ぜってー降りねえぞー降りねえぞー」と血相変えて(怪)電車に乗っておりました。多分すごい形相で立っていたんでは。



内心、色々な今後の予定に影響するんじゃないかと思ってビクビク。



とりあえず、頓服一錠追加で映画館は難なくクリア。(閉所も苦手です)

映画が面白かったので、全然OKだったし。端っこの席だったので、なおよかった。







その心配だった以降の予定というのが日曜日にあった、東京英会話倶楽部の町田ブランチイングリッシュというサークル。

英語は習いたいけど、教室に通うのって、めちゃくちゃ高い!

私立に二人も通わせている我が家ではそんなお金、自分にはかけられません。教育費貧乏です、(/_;)しくしく。

そこでひょんなことから見つけたのが、このサークルで、参加費一回につきなんと500円。U\(●~▽~●)Уイェーイ!



20代?60代までが日曜ごとに集まってわいわいと英語を喋って都合のよい人はランチも食べて帰るという…。

月謝制じゃないし、お教室じゃないから、都合のいいときに申し込みをして行けばいい。

初級?中級?上級テーブルに分かれていて安心♪

私は「カタコト日常英会話程度」の中級テーブルに入りました。

二時間日本語禁止デ?ス。

自然と三十代以上?(未確認)ばかりの女性が4人集まって、ワイワイガヤガヤ。

なんか笑いが絶えなかったな。

英語の勉強方法について話し合っていると、誰かが

「あのテープを聞き流すだけで英語が身につくっていうCDシリーズとかって、あれは嘘よね。私はそう思うわ」(もちろん英語)

とおっしゃるので、

私は思わず、



「ごめん、私それ持ってる…」(一応英語)



(間)



ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆(全員)

「で、どうだった?」

「役に立たなかった…私には」



(゜m゜*)プッ

・・・・・ああそうだよ、スピード*ーニング、持ってるよ!(汗)

ま、こんな感じでかしましく楽しく英会話のスイッチを久々に入れてきました。

入れ損ねた感もありますが。(爆)





いかにダメかが分かって、刺激になりました。

そ。その初参加のイベントに行くのに(=それだけで緊張)、直前に発作の体験。

やべー…と思っていたわけです。

でも幸い杞憂に終わりました。

無事に参加できて思わず神に感謝した。本当に私、こういうときは手を合わせて小さく「ありがとう」ってつぶやくんだよ。



いい気になってそのまま髪を切りにいきました。これもOK。

ワンレンボブ、大人しい奥様風を目指してみまっす♪>無理



とても楽しくて、知的向上心を非常に刺激されたので、また予定のない日曜日には間違いなく出向いてます。

そしてヘタクソな英語でゲラゲラ笑っていることでしょう。in町田。

続けられるといいな。



東京英会話倶楽部は、東京近郊のあちこちで会場を設けています。

英語が勉強したいけどノバだとか高すぎる、忘れつつあるけど、話すチャンスがない。そんな方には超オススメです。





夜、豚の肩ロースかたまりを大根と煮込んで、魚も焼いたり、お浸し作ったりしてジーサンも呼ぶ。2時間以上かけた肉の煮込みは大好きだし、お陰さまで好評。

今度は牛のスネ肉をたっぷり煮込みたい。



その後、バレーを観たりビーズや天然石に遊ばれたりと、発作起こした割には引きずらずに過ごせた。



パニック発作は時と場合によってまだたまーに起こるけれども、もう私はパニック障害患者ではないと思うの。もう障害になっていないから。

神様、ありがとう。again。。。
posted by: | お出かけ | 08:10 | comments(4) | trackbacks(0) |-
新幹線から捻挫まで
のぞみ!



下手な写真だなあ…、おい。

かすかに見えるのが、東海道新幹線・のぞみだす。

速いっす!めっちゃ速いっす!



どうして私はいい年をした大人なのに、この??特急とか新幹線にワクワクするのだろう。

もう新幹線専用のホームに入っただけでワクワクする。



私たち、特別!みたいな空間でね。

普通車の指定席だったけどねw

そんな新幹線好きには、名古屋までの1時間半は物足りない。

正直、今度は博多あたりまで行ってみたい。

来年あたりデビューなのかな、N700系にも乗りたい。(*´ェ`*)ポッ



娘は駅弁を満喫していましたね。(注・漫画喫茶じゃない)

行きは横浜シュウマイ弁当。

帰りは尾張の四季・1400円!

私は昼の名古屋コーチン親子丼でもう腹も胸もいっぱいで、あれ以上なにか食ったら上から出る(汚…)と思ったので、横目で見て楽しみました。



胃が弱いもんでねぇ?。たくさん食べられないんだわ?。>名古屋風で



尾張の四季、二段重ねですよ、奥さん!

お重のような豪華さですよ、奥さん!

写真、また撮り忘れました。orz

昼の黄金の親子丼も、夜のコーチン焼き鳥も撮ってない。orz



台風も逸れたことだし、せっかくだから名古屋城に行こうよ??と娘に言えば、

「えええええええ、だるい、今日暑い」

「どこへ行きたい?」

「・・・・・・本屋」

おまえ、それはどこででも行かれるだろお。。。



結局昼過ぎに合流した万里依ちゃんと、黄金に輝く名古屋コーチン親子丼(ややしつこい)を食し、その後三人でカラオケに…。



それも名古屋でなくてもいいだろお。。。

でも楽しかったからいっか♪



そして万里依ちゃんと別れ、デパ地下の名古屋コーチン(…ここまでくるとうざい)生肉と卵をゲットーー!やはりみやげ物やさんで買うのとは鮮度が違うぜ!



あと一日いれば、名古屋駅周辺をマスターできそうな感じでした。

新宿駅より分かりやすくて綺麗だったな。





しか?し帰宅後にオチがあるのです。

昨夜、はよ寝ますーみたいなブログをあげてからうたた寝、夜中近くに目覚め、やぼ用でコンビニに行こうとして、たった二段でしたがマンションの階段を踏み外しました。

漫画のようにビッターーーン!とうつぶせに転びましてですね…(^^;)

左足が腫れ上がり、眠れませんでした。

今朝一番医者行ったら、捻挫だけど全治二週間くらい。…って捻挫にしてはひど?





足首まで腫れてま。



でもこれ…帰ってきてからでよかったんだよね。(汗)
posted by: | お出かけ | 15:24 | comments(5) | trackbacks(0) |-
とりあえず今日は寝る
娘と名古屋に行ってきたんだぎゃー。

万里依ちゃんにも会ったんだぎゃー。

名古屋コーチンにフィーバーしてきたんだぎゃー。

でも名古屋の人、だれも「ぎゃー」も「みゃー」も言わないんだぎゃ。



…。

つか…、色々メッセージ返したいのとか、コメントつけに行きたいのとか、コメント返したいのとか、集計したいものとか、挨拶したいのとか、山ほどあるんですが、今日は寝てもいいですか。

普段歩かないもので、本当に足が

ははははh(´-ω-`)zzz
posted by: | お出かけ | 21:20 | comments(6) | trackbacks(0) |-