Search

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ええと、転勤のお知らせ。。
またまたお久しぶりでございます。。

iPadから更新を試みています。

たしか二月の末に藤沢市の事業部に転勤しました。
また転勤ですが、ナニカ?w
先週、藤沢での仕事を終えました。

…振り回され感満載は否めない、が、私はグチグチ言わん。
言って何か変わるのならともかく、どうしようも無いことは、スパッと切り替えることにしてる。

強くなったな、オレw

ま。中小企業なので、いろいろある。いろいろと。
でも、何の芸もない私の、居心地みたいなものまで気遣っていただいて、感謝と恐縮です。

月曜日から本社に行きます。

神奈川、湘南地区が拠点の会社なので、これまた海のそばです。
東海地震の津波が怖いっす。ま、なるようになるか。
東京支社と言われなくて良かった。
さすがに殺人的ラッシュに乗れる気はしない。

さて、また通勤時間が長くなるわけだが、どう使おうか。
曜日によってやる事を変えるか。

でもね、二時間もかかる場所で正社員でバリバリ働いていく勇気はなくてね。なぜならさすがに父も義母も年老いてきているし、何かあれば力になってあげるのが恩返しだろうから。
いろいろな事を少しの間考え、母に問いかけたりして、決めた。
もう役職とか、要らない。大学も仕上げの段階に入ることだし。
フルタイムで働くパート社員にしてくださいと言った。
正社員より少し時間が少なくて済むし、スクーリング出席も正社員より申し訳なさが少なくて済む。

学業含め人生の集大成にフォーカスしていこうと思う。

死ぬ前にやりたい事がまだあるんです。

あー、まだ早いと仰いませんように。

人間は、誰しもいつでも死ぬ可能性があるんですよ。

メメント・モリ です。

その時にどれだけ満足できるか、結構大事だと思うのです。


結局、幸せは自己満足で良いと思うことから。
自己満足って悪い意味で使われる事が多い言葉ですが、
自己満足は自分を褒めることだからとても良い事だと思うのです。

よくやった。
できた。
ばんざい。
がんばった。

私が幸せだと思うのは、こんな瞬間。
他人に幸福感を与えられるばかりが幸せじゃない。
自分の幸せ、人任せにできない。

だから、自分で決めたことには責任を持つ。
それが幸せに繋がる。

って、何の話だっけ?


うん、だから、仕事へのウエイトを少し軽くして、自分のやるべき事と決めた事に力を注いでいくことにしたんだ、私。

だから哲学書も読むし、英語も聴くし、歌も歌います。(何…)

忙しいんですよ。
だから会社や、どこにでも一人や二人いるわからんちんにカリカリしている暇はないんです。

これは幸いなことでしょうね。

いい年して愚痴ばかり言っていると、生き方が下手だと公言しているようなものですから。

ま、こんな感じで、やれるだけやってみます。
もう少し社会人でいて、時期がくればささっと身を引きます。

ところで。

見やすい、やりやすい、という言葉を
「見いい」「やりいい」というのは、どこの言葉なのかし?
私の両親が使ってたから、父方の武蔵村山方面か、
母方の国立市方面の言い方なのかと思ってました。
立川でも現住の相模原でも他にそういう言い方をする人に出逢わなかったのでね。
実は私もそうはいいません。

ところが!

藤沢の事業部にはいたんですよね。
根っからの湘南育ちの方々が、
「この方がやりいいよ」
「ライト使って。そうすれば見いいでしょ」

あらなつかし!

そして、謎!

あまり言わないよね。
本当にどこの言葉なのかしらん。(´・_・`)
posted by: プレア | 日常 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:24 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://keepwalking.jugem.jp/trackback/1047
トラックバック