Search

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
struggle
結論・妙齢の女性は働いていた方が身体に良い。(´・_・`)

ま、その内コントロールできると思うんですけどね。
このままだと慢性胃腸炎に近い。

それでも、心が平和であることは有難い。
私はわたし。心は元気。



最近、北西の方から妙なプレッシャーが連発してかかってますな。

なんか雲行き相当おかしいね。

こんなとき、こちらだけは正しい言動をしよう、と思う。

口汚く罵るのは相手だけにして、次元の低いところへ置き去りにすれば良いのです。

論理と倫理が大事。
通用しない相手だとしても、こちらは逸脱してはダメ。
客観的に見ている他国が判断するでしょう。

一人でも多く、そうすべきです。
礼儀正しいのが日本人の長所。
着物を着た、凛とした背中を思い浮かべ
意思表示は論理的に感情的にならずに。
あとは静かに不買等で態度を示せばいい。

同じ次元に落ちたくないですもんね。

…。
しかし、ヤフコメで笑うのがあったな。
件の大統領が島についたとき、先回りした日本人が

歓迎・なんたら大統領!○島へようこそー!

という横断幕を持って歓迎してやればよかったってw

たしかに。なんというさりげない主張だw
好きだなー、こういう発想。

さあ、日本も外交的に強くならなければならない時期がきたのかな。
もう消費税あげていいから、毅然としてください。
信頼回復のラストチャンスです。



最近、正岡子規の「病床六尺」を身近に置いています。

結核による脊椎カリエスで亡くなるまでの闘病の日々を綴っています。

“諦めてしまえば、死ぬことは怖くないが、苦しいのはイヤだ”と書いています。

今も昔も同じですね。

メメントモリ(死を忘れるな)のモットーに従って、そういう本を身近に置きます。

身が引き締まります。だから生きるために置いているのです。
死に向かって生きている今日、何かを成したか、学んだか、無駄な時間ではなかったか。
最後まで成長できるはずの自分は、今日成長のための努力を何かしましたか…?

基本lazyなので、満足できる日は本当に少ない。



zozotown のアウトレットが超オススメです。
AZUL のジーンズとcoenのジレを購入したんだけど、
どこに不具合があるのか、さっぱり分からなかった。
二枚で3000円台で買えちゃったーーーーw
♪───O(≧∇≦)O────♪きゃー

azulのジーンズは、裾の広がったブーツカットタイプ。
すこし懐かしいシルエットで、この夏活躍してもらってます。
90年代くらいののファッション、少し戻ってきてるね。

娘とショッピングしていて気づきました。
裾を絞ったパンツが流行ってきてるもので。
なんにせよ、オシャレは楽しい!
posted by: プレア | 日常 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:48 | - | - |-
正直でええやんっ?!悔いのないように、オシャレも楽しむっ!今日の命よありがとう!
…ってことなのよ(`_´)ゞ
| プレア | 2012/08/17 9:34 AM |
メメントモリの次がzozotownて(w
| satomi | 2012/08/16 10:52 PM |









この記事のトラックバックURL
http://keepwalking.jugem.jp/trackback/1051
トラックバック