Search

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
家にいるタイプじゃない話とか大学の話とか

暑いねーいつまでも。
極力日中は出ないようにしてます。
皆様、暑さを侮るなかれ。

*

無事、スクーリングに出席してきました。

午前中はどうしようもなく退屈だったんですが、午後はワークショップ系の授業で、とてもエキサイティングでした。
本当はそんな一言では済まないほど、感動しているのですが、感じたことすべてを語り切れないと思います。

生と感情の社会学。
…ナマじゃないですよ?

参加者約100名は、事前に言われて4000字ほどの自分史を書いてきています。
その中から20人の自分史を選んで、5〜6人のグループを作り、それを好きなようにプレゼンしていくというもの。
私、その20人の中に入ってしまいました。
とある私のエピソードについて、5人の仲間がプレゼンをするのが使命です。
準備作業を始めると、他人が、急速に私を理解していくのです。
すぐに身内みたいに近くなっていく。
いや、そんなことだけじゃないんだよな…。
なんだろうな、うまく言えない。

すごい授業を考えたものだなと思います。
普通、プライバシーに関わるとか言って、先生は思いつかないはず。
全部のプレゼンが終わった最終日、教授も補佐の先生も、壇上でコメントできなくなるくらい涙してしまうのです。
壮絶な生、激しい感情に触れて、揺さぶられてしまうんですね。
私も何度泣けてしまったか分からない。
自分のプレゼン、他のプレゼンにかかわらず。
稀有で貴重な体験をしました。
本当にありがとう、と言いたい。


そ、れ、に、く、ら、べ、て、午前の授業は、、、専門用語を並べて早口でしゃべり続けるのみ、まったくありがとう、よく眠れました。
私が頭悪くて分からないのかと思って周囲に聞いたら、皆理解してなかったw
学生側の問題じゃないなぁ・・・たぶん。
仕方がないので、資料だけはきちんとファイルして最終日の試験に備えた。
持ち込み可の論述だったけど、どうかなぁ・・・。

あの授業、何も印象に残ってない、なんか腹立つわぁ。
本当に頭がいい人は、知識のない人に上手に説明できる人だと思うんだけど。
なめらかに高度な知識を披露して気分が良くなっているのなら、それは自己満足に過ぎないのではないかしら。

*

ところで、
今年は三田で参加のため、思い切って五反田のビジネスホテルに泊まりました。
家族の理解に感謝です。
安くて狭いところでしたが、新しいようでとても清潔だし、朝食のパンがとても美味!
自家製なんだって。つまり毎朝焼きたてを食べさせてくれるってことです。
すばらし。

ま、4泊目くらいからホームシックにかかっていたことは内緒です。(^x^)
お友達と一杯やったので、気が紛れましたが。
ありがとう、お友達。

*

会社辞めてからスクーリング前まで、吐き気-下痢-胃もたれ-治る-吐き気-腹痛-胃もたれ-やや治る-最初に戻る
みたいな祭りが延々行われていたんですが、スクーリング中はまったく平気。
吐き気?ナニソレ、みたいな。

スク前に受診したとき、医者が言ってました。
「仕事のストレスってよく言うけど、辞めたことがまたストレスになったね。まあ、家事だけしているタイプの人じゃないわな…。外でイキイキできるタイプだと思いますよ」
もしかしてそうかなと私も思ったんですけどね。
年齢的に、仕事探すのも大変なんですが、週に4回くらいの仕事で「あ、面白そう♪」と思えたものに出会えたら、今度はもっと近くで、気楽に働きたいなー。
雇ってもらえれば、の話なんですけどね。ヽ(´Д`;)ノ

*

成績証明書を取り寄せてみました。
まぁ思っていたとおりで、間違って少なく見積もっていて、本当はもっと取得していた♪なんてうまい話はありませんでした。/(^o^)\
そしてBの多い、普通の学生でした。(ノ∀`)

で、卒論指導登録をしようかどうしようかと悩んでおります。

だいぶ単位取得は進んで、今でも登録できます。
が、残数が多いと卒論と並行して進むのは、かなり大変なのだそうで。
それだけの根性と体力が私にあると思いますか?(爆)

問題はそこ。

どちらも中途半端になって、レポートが通らなくなったり試験に落ち始めたりしたら、結局時間がかかることに。
あと数科目でおしまーいって感じのときに始めたいんですよね。

ただ、卒論指導始まってから、2年かかるって聞いたんだけどほんとかしら、それ。
(学生の書くスピードとかの問題じゃなく、通信生の卒論指導に関わる手順の問題)
勘弁してほしいなぁ。単位取り終わってて、すんなり書けていても二年なのかなあ。
もったいないなぁ…。どうしよ。本当に悩ましい問題です。

あ、証明書もらってから哲学の単位取得したんだ〜♪
よって、+4。
4単位科目3連続、美味しい!

でも哲学のレポートは疲れたー。
少しでも論点がずれたり、理にかなわないとDになると思い、めまいがするほど頭を使った。こうだからこう、そしてこうだからこう、すなわちこれはこうという論証ね。
きっと男の人の方が得意でしょうね、こういうの。
講評欄は痛いほど辛口なのに、評価はB。
んもう、ツンデレなんだから♪ (イヤイヤ…

posted by: プレア | 大学・単位・勉強 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:44 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://keepwalking.jugem.jp/trackback/1052
トラックバック