Search

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ロゴス
どうもこんにちは。

一月は昨日までとにかく珍しく真面目に勉強してました。

昨日おとといと試験を受けたのですが、何しろうっかりと二科目とも持ち込み不可の論述試験。
多少のヤマは張れるものの、言葉の定義や文脈が頭に入ってないと、論ずる事ができません。
いやー、疲れたー。
でも、多分まあまあの出来?
なので、今日は心地よい解放感に包まれています。

娘も先週定期試験だったので、夕食後は二人してダイニングで試験勉強。

誰かの目があると、より真面目にやりますよね。

ってことで、思い出すのが…、
最近どこかで話題になってた、「カフェで勉強は許されるか」という問題。

いやー、許して下さいよ…。
捗るんですよ。

なぜカフェだと捗るか。

まず人目があるからです。
「なんだ、あの人テキストとノート広げてずっと携帯いじってるじゃん」
と思われたくないので、やる。

それから、気が散る物が側にないから良いのです。
私の場合は、掃除機かけなきゃだとか、洗濯すっかだとか、FOXで今は何をやってるかなだとかが気になります。
元々そんなに真面目に取り組める性格じゃないので、簡単に脱線しちゃう。
私が物理的に脱線しようにもできない場所の一つがカフェなんですね。

ただ、マナーは守らないとダメですよね。
勉強はダメと書いてある店では当然しない。
長くなりそうなときは、追加オーダーする。
コーヒー一杯で数時間は店に迷惑。
脳に栄養を与えるためにも、追加で甘い物を摂ったりすることも。

多分勉強ダメといったら、そのカフェはかなり客数が減るはず。
学生ばかりじゃない。
社会人も資格の勉強みたいなこと、結構やってますし。

うちの近所のジョナサンは賢いですね。
勉強するなら、食事もしてってねと書いてありました。今もあの貼り紙あるかな。
なるほどなぁと思いました。
私もたまにランチを兼ねてお邪魔してます。



言葉のこと。

今までも言葉が変わってきたように、これからも変わっていくでしょうから、若者言葉に対して余り苛々しない方だと思います。

ダサいという言葉も私らが若いときに作られた言葉だったはず。
マジ、も最近だよね。
ググる、なんてのも、一般化しそうですよね。

でもどうしても勘弁ならないのが、文字化されたら抜き言葉。
話し言葉でも「ん?」と思うのに、Web上で文章化された物に「考えれない」とかいう表現があると、
うわぁーーーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
と叫びたくなり、どこかが痒くなります。

それまでちゃんとした言葉書かれているブログで見つけると大変興ざめ。
文字化されると、輪をかけて残念な印象がありません?

口語と文語って英語にもあるじゃないですか。
しっかり使い分けたいですよね、日本人も。

あともう一つ。
どうしても腹が立つのは、人にむけて使う「劣化」という言葉。
明らかに物の経年変化を言う言葉だと思うんですがね。
どうしてこういう使い方をするようになったのか。
金属疲労じゃないんだから。
サビじゃないんだから。

私個人の哲学ですが、
若さとは、未熟さゆえに美しさ元気さがなければ世間を渡れないのです。
老いとは、円熟さゆえに美しさを捨てても人として扱われることをいうのです。
それを劣化とは何事ぞ。

その代わり、外見の美しさを捨てる年になっても心が円熟していないことはとても恥ずかしいこと。

先日、馴染みのカラーリスト(カラーリング専門の美容師)の青年が、
「久しぶりに帰省したら自分の母親が劣化しててビックリした」と話したので、
「そんなの当たり前でしょうよっ?」とうっかり声を荒げてしまいました。
自分のたった一人の母親が劣化とは何事ぞ。

もちろん人は本能的に美しさが好きですから、美しくありたいと、愚かにも高い化粧品を買うんですが。
私も本当に愚かにもそうするんです。
多分中身の未熟さゆえに、まだ老いを認められないことも関係するのでしょう。

それでも、とにかく他人に向けた劣化という言葉は絶対いかんと思うのです。

自分の吐き出す言葉は人となりを表します。
日常生活では、それが自己表現法の殆どと言ってもいいでしょう。
私はこういう人間だよーと表している。
言葉はロゴス。
その言葉の意味以上に力を持ちます。
えげつない言葉を吐き出した人を貶めるなど、たやすいことだと思うのです。

posted by: プレア | 日常 | 08:45 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:45 | - | - |-
うめちゃん
ここにあまり来なくなってしまっているため(誰のブログだよw)、気づくのが遅くなってすみませんでした。
そうね、でも裏返せば自由を楽しめる可能性もあるのよ。
もう少し元気になったら、模様替えとかして好きなインテリアを考えたらいいと思う。
| プレア | 2013/03/10 10:21 PM |
人の目があると捗る。
それなんです...
一人きりになると、基準もなくなってしまう。
人の目がなくても、一人きりでも自分を律する、
それは、とても大きな精神力と誇りのいることです
| うめ | 2013/02/21 9:31 PM |
小僧さん
出れない、起きれない、なんてのは大分一般化されてるのか、耳から入る分にはさほど違和感なくなってきてますが、、、
文字はね〜…(´・_・`)
| プレア | 2013/02/02 12:37 PM |
ら抜き言葉は私も気になります。
日本語保存協会(偽)としてはしっかりして欲しいですね。

| 写真小僧 | 2013/01/31 2:44 PM |









この記事のトラックバックURL
http://keepwalking.jugem.jp/trackback/1058
トラックバック