Search

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
スマホから投稿してみる
どうもブログ離れが激しいので、、、ま、別にそれが流れならそれもいいのですが、
ここを離れるのは寂しい気持ちがあるうちは、まれな更新でも続けてみようかと思い、ジュゲムのアプリをiPhoneに入れました。

ただ、パソコン画面でどう見えるのかが気になるのは、やはりスマホ主体には考えられない世代なのでしょうか。
さて、フリック入力でブログ…私はどこまで耐えられるのかw

それにしても、iPhone5は快適っす!!
電池の持ちは進歩していないようですが、
動作のサクサク感がとても嬉しい。
LTEって何だっけ?
よく分からないですが、とても通信速度早いですよ、それのお陰で。
…よく分からないけど(笑)



最近、叔母が亡くなりましてね。
父と葬儀に行ってきました。
叔母は、同居している娘が買い物に出ている間に心筋梗塞を起こし、
一時間後に帰ってきたら、既に亡くなっていたとか。
人の命は、いつどうなるか分からないものです。
怖かったでしょうねぇ、たった一人のときに急に具合が悪くなるのは。
でも、長患いするよりはいいのだろうか?
ま、選べないわけですけれども。

そこで、親戚になったばかりの、又従兄弟のおヨメさんと話したのですが、、、
まぁ面白い子で、すごいのが本家のヨメに来たもんだと。
同居してるんですよ、舅=私の従兄弟と。
姑は早くに亡くなっていて、元々いないのです。

何でも、将来舅=従兄弟に介護が必要になったときに、手厚い介護をするかどうか、
現在ポイント性で査定しているそうで。

「お義父さん、今のはマイナス」
「どうも、すいません」
「同居なんだから、よく考えないとねー…」
「はい、わかりました」

(≧∇≦)?!

それから、彼女ら夫婦にとって、妹の子、つまり姪がいるんですが、
四歳のその子にも彼女は懐かれています。
「Yちゃん、あそぼー」と寄ってくると、
「いいわよー、折り紙しよっか」
「うん!」
「何を折ってほしいかな?」

何を折ってほしいか。
余程これは折り紙に自信のある人の聞き方です。
ほほう、毒舌だが、子供の相手はできるのだな?
ふん、お手並み拝見…。←小姑か

「ええとね、うーんと」
「鶴だね?」
「…え?」
「鶴がいいのよね?わかった」
「……」

あんた、鶴しか折れないんだろ。
何につけても素敵な言い草じゃ…嫌いじゃない。

しかも、鶴の折り方も大変怪しかった。

いゃぁ、本家は安泰だなー。(棒読み)

まぁ、舅である従兄弟の懐が広いから、こういう応酬ができるんでしょうけどね。
楽しそうな最近の本家で、また遊びに行きたくなりました。

父は通夜の晩、本家に泊まったのですが、
いやー、何とも面白いヨメさんが来たぞ?と喜んでいました。

気難しい親戚も、どうか温かく見守ってやってほしいと思いました。
昔ほど親戚付き合いもないけれど、
彼女をガチガチに締め付けちゃあいかんです。

亡くなった叔母も思わず笑っていたかもしれません。



退職して三ヶ月もしないうちに、専業主婦に飽きまして。(笑)
ダメで元々、と近所の会社のパート募集に応募してみましたら、
運良く採用され、半月前から週に三四回仕事をしています。
繁忙期のみの短期契約なのですが、四ヶ月も働けるなら、ちょっとした収入になりますし。

菓子やパンの材料を扱う会社の物流センターで、
伝票処理から発送まで、通販商品を扱ってます。
基本立ちっぱなしなので、最初は腰が痛くなり、どうしたものかと思っていましたが、
足腰は使ってナンボなんですねー。
慣れたら、駅の階段の昇り降りが早くなったんですよ。
足の運びが軽くて速い。

十何年のデスクワークで衰えましたが、少し取り戻したようで、思いがけない副産物を得ました。

近所で、週に三四回。
主婦にとってはストレスにならない働き方。
期間終了まで楽しく働いていけることでしょう。



発表!近々、トイレのリフォームをする!
クロスも張替えちゃう!
わーい!
posted by: プレア | 日常 | 21:23 | comments(2) | trackbacks(0) |-
つきいち更新かっ
ブログの意味がわからなくなってきていますな、こりゃ。
といって、まったく無くしてしまうのは寂しい。

最近はまっているもののお話。

最近、激しく観たいドラマができまして、それ毎日昼間にやっているので困ってしまいます。

アメリカのTVドラマ「NCIS」
LAの方じゃなくて、ネイビーの方ね。
これをケーブルのFOXTVで観ています。
スカパーの方も観られます。
よろしければ、ゼヒ♪

なんせキャストがみんなキュート!
キャラがそれぞれはっきり描かれているからか、親しみが湧きます。

マーク・ハーモン as リロイ・ジェスロ・ギブス が特に大好きですわ。

マクギーはなぜシーズンによってあんなに体重が違うのか。

今、何かのファンになると、ツイッターで公式アカウントや出演者をフォローできたりするので、楽しいですね〜。

マメにツイートしてくれるのは、マイケル・ウェザリー asディノッゾくらいなもんなんですが、嬉しいし、楽しみでもあります。

FBでも公式アカウントをフィード購読しています。


そしたらさ……。


(以下ネタバレ?を含むので、私のように愛を感じながら観ている方は読まないでね)


…いや、日本てさ、、、今やっともうすぐシーズン9が始まるところなんだよね。
昼間はシーズン6の再放送をやってるわけです。
アメリカではシーズン10。


FBで、ウォールに上がってきた新しいプロモ動画をワクワクとクリック!


あれっ?ダッキー死んじゃう??


死んじゃうのーーーーー???




超ネタバレ…。




orz


…。

ま、いいか。
観なかったことにすっぺ…。


そしたら、今日の公式の記事。




「Ducky is alive!」


(´Д`)?


まったく何がなにやら分からぬうちに、私の中で、愛すべきキャラのひとりが死んだり生き返ったりした。


……。




アメリカと日本と、同時に放映しちゃだめなのっ?
(`・ω・´)ムッキー!
posted by: プレア | 日常 | 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) |-
家にいるタイプじゃない話とか大学の話とか

暑いねーいつまでも。
極力日中は出ないようにしてます。
皆様、暑さを侮るなかれ。

*

無事、スクーリングに出席してきました。

午前中はどうしようもなく退屈だったんですが、午後はワークショップ系の授業で、とてもエキサイティングでした。
本当はそんな一言では済まないほど、感動しているのですが、感じたことすべてを語り切れないと思います。

生と感情の社会学。
…ナマじゃないですよ?

参加者約100名は、事前に言われて4000字ほどの自分史を書いてきています。
その中から20人の自分史を選んで、5〜6人のグループを作り、それを好きなようにプレゼンしていくというもの。
私、その20人の中に入ってしまいました。
とある私のエピソードについて、5人の仲間がプレゼンをするのが使命です。
準備作業を始めると、他人が、急速に私を理解していくのです。
すぐに身内みたいに近くなっていく。
いや、そんなことだけじゃないんだよな…。
なんだろうな、うまく言えない。

すごい授業を考えたものだなと思います。
普通、プライバシーに関わるとか言って、先生は思いつかないはず。
全部のプレゼンが終わった最終日、教授も補佐の先生も、壇上でコメントできなくなるくらい涙してしまうのです。
壮絶な生、激しい感情に触れて、揺さぶられてしまうんですね。
私も何度泣けてしまったか分からない。
自分のプレゼン、他のプレゼンにかかわらず。
稀有で貴重な体験をしました。
本当にありがとう、と言いたい。


そ、れ、に、く、ら、べ、て、午前の授業は、、、専門用語を並べて早口でしゃべり続けるのみ、まったくありがとう、よく眠れました。
私が頭悪くて分からないのかと思って周囲に聞いたら、皆理解してなかったw
学生側の問題じゃないなぁ・・・たぶん。
仕方がないので、資料だけはきちんとファイルして最終日の試験に備えた。
持ち込み可の論述だったけど、どうかなぁ・・・。

あの授業、何も印象に残ってない、なんか腹立つわぁ。
本当に頭がいい人は、知識のない人に上手に説明できる人だと思うんだけど。
なめらかに高度な知識を披露して気分が良くなっているのなら、それは自己満足に過ぎないのではないかしら。

*

ところで、
今年は三田で参加のため、思い切って五反田のビジネスホテルに泊まりました。
家族の理解に感謝です。
安くて狭いところでしたが、新しいようでとても清潔だし、朝食のパンがとても美味!
自家製なんだって。つまり毎朝焼きたてを食べさせてくれるってことです。
すばらし。

ま、4泊目くらいからホームシックにかかっていたことは内緒です。(^x^)
お友達と一杯やったので、気が紛れましたが。
ありがとう、お友達。

*

会社辞めてからスクーリング前まで、吐き気-下痢-胃もたれ-治る-吐き気-腹痛-胃もたれ-やや治る-最初に戻る
みたいな祭りが延々行われていたんですが、スクーリング中はまったく平気。
吐き気?ナニソレ、みたいな。

スク前に受診したとき、医者が言ってました。
「仕事のストレスってよく言うけど、辞めたことがまたストレスになったね。まあ、家事だけしているタイプの人じゃないわな…。外でイキイキできるタイプだと思いますよ」
もしかしてそうかなと私も思ったんですけどね。
年齢的に、仕事探すのも大変なんですが、週に4回くらいの仕事で「あ、面白そう♪」と思えたものに出会えたら、今度はもっと近くで、気楽に働きたいなー。
雇ってもらえれば、の話なんですけどね。ヽ(´Д`;)ノ

*

成績証明書を取り寄せてみました。
まぁ思っていたとおりで、間違って少なく見積もっていて、本当はもっと取得していた♪なんてうまい話はありませんでした。/(^o^)\
そしてBの多い、普通の学生でした。(ノ∀`)

で、卒論指導登録をしようかどうしようかと悩んでおります。

だいぶ単位取得は進んで、今でも登録できます。
が、残数が多いと卒論と並行して進むのは、かなり大変なのだそうで。
それだけの根性と体力が私にあると思いますか?(爆)

問題はそこ。

どちらも中途半端になって、レポートが通らなくなったり試験に落ち始めたりしたら、結局時間がかかることに。
あと数科目でおしまーいって感じのときに始めたいんですよね。

ただ、卒論指導始まってから、2年かかるって聞いたんだけどほんとかしら、それ。
(学生の書くスピードとかの問題じゃなく、通信生の卒論指導に関わる手順の問題)
勘弁してほしいなぁ。単位取り終わってて、すんなり書けていても二年なのかなあ。
もったいないなぁ…。どうしよ。本当に悩ましい問題です。

あ、証明書もらってから哲学の単位取得したんだ〜♪
よって、+4。
4単位科目3連続、美味しい!

でも哲学のレポートは疲れたー。
少しでも論点がずれたり、理にかなわないとDになると思い、めまいがするほど頭を使った。こうだからこう、そしてこうだからこう、すなわちこれはこうという論証ね。
きっと男の人の方が得意でしょうね、こういうの。
講評欄は痛いほど辛口なのに、評価はB。
んもう、ツンデレなんだから♪ (イヤイヤ…

posted by: プレア | 大学・単位・勉強 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
struggle
結論・妙齢の女性は働いていた方が身体に良い。(´・_・`)

ま、その内コントロールできると思うんですけどね。
このままだと慢性胃腸炎に近い。

それでも、心が平和であることは有難い。
私はわたし。心は元気。



最近、北西の方から妙なプレッシャーが連発してかかってますな。

なんか雲行き相当おかしいね。

こんなとき、こちらだけは正しい言動をしよう、と思う。

口汚く罵るのは相手だけにして、次元の低いところへ置き去りにすれば良いのです。

論理と倫理が大事。
通用しない相手だとしても、こちらは逸脱してはダメ。
客観的に見ている他国が判断するでしょう。

一人でも多く、そうすべきです。
礼儀正しいのが日本人の長所。
着物を着た、凛とした背中を思い浮かべ
意思表示は論理的に感情的にならずに。
あとは静かに不買等で態度を示せばいい。

同じ次元に落ちたくないですもんね。

…。
しかし、ヤフコメで笑うのがあったな。
件の大統領が島についたとき、先回りした日本人が

歓迎・なんたら大統領!○島へようこそー!

という横断幕を持って歓迎してやればよかったってw

たしかに。なんというさりげない主張だw
好きだなー、こういう発想。

さあ、日本も外交的に強くならなければならない時期がきたのかな。
もう消費税あげていいから、毅然としてください。
信頼回復のラストチャンスです。



最近、正岡子規の「病床六尺」を身近に置いています。

結核による脊椎カリエスで亡くなるまでの闘病の日々を綴っています。

“諦めてしまえば、死ぬことは怖くないが、苦しいのはイヤだ”と書いています。

今も昔も同じですね。

メメントモリ(死を忘れるな)のモットーに従って、そういう本を身近に置きます。

身が引き締まります。だから生きるために置いているのです。
死に向かって生きている今日、何かを成したか、学んだか、無駄な時間ではなかったか。
最後まで成長できるはずの自分は、今日成長のための努力を何かしましたか…?

基本lazyなので、満足できる日は本当に少ない。



zozotown のアウトレットが超オススメです。
AZUL のジーンズとcoenのジレを購入したんだけど、
どこに不具合があるのか、さっぱり分からなかった。
二枚で3000円台で買えちゃったーーーーw
♪───O(≧∇≦)O────♪きゃー

azulのジーンズは、裾の広がったブーツカットタイプ。
すこし懐かしいシルエットで、この夏活躍してもらってます。
90年代くらいののファッション、少し戻ってきてるね。

娘とショッピングしていて気づきました。
裾を絞ったパンツが流行ってきてるもので。
なんにせよ、オシャレは楽しい!
posted by: プレア | 日常 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ようやく復調
 退職した途端、延々医者通いかいなと思ったけれど、先週後半くらいからどうにか復調。
どう変わるにせよ、環境の変化というのは、体に負担らしい。
過敏性からくる胃腸炎が終わったかなと思った頃、ウィルス性腸炎になったときは、もうどうしてくれようかと思った。
 ウィルス性の方が負担は大きく、消耗が激しい。
  
 何とかして、この具合の悪い時期を一年にせめて二回くらいに留めるべく、それから圧倒的に運動量が減ったであろうことを懸念して、早朝の散歩を始めてみた。多分胃腸の動きも良くなるはず。
 どうせ少し前までは、5時半には起きていたのだし。同じように起きれば済む話。
 
 自宅近くに、東京都との県境になっている小さな川があって、そのほとりはウォーキングロードのようになっているのだけれど、その整備のおかげで、かえって早朝から人やら犬やらで混雑(?)しているらしい。…ので、あえて王道は外してみる。
 いや、もう一つ理由はある。
 まったくの自然の中、というのがどうも苦手だ。
 心の癖として、「何かあったら」どうしようもない場所、というのが好きでない。
 小川のほとりの小道なんぞ、救急車入れないからね・・・。
 実際、数分以上に及ぶ上質性瀕拍発作や何をしても治まらないパニック発作で救急車を呼んだ経験が、こういう心の癖に結びつくんだろう。

 ともあれ、街も捨てたものじゃない。
 今日は約40分歩いてみた。
 F病院の方へ向かって、F3丁目の信号を左に、線路沿いへ出て駅前をすぎ、感じの悪いオヤジがやってる氷屋さんの先から県道へ出て、A大学の正門へ、昔住んでいた賃貸マンションの前を通って、グルメシティの前を通り自宅に戻る。←誰もわからないw

 涼しくて、人がいなくて、車も少なく、空気まで澄んでいるかのよう。

 早朝は、街にも透明感があった。





 と、素敵にまとめてみたものの、

 問題は、散歩とかジョギングとか、体を使う約束事は続いた事がないってことなんだ…。(´・ω・`)
 
posted by: プレア | 美容と健康 | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-