Search

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
死を語り生を思う
死を語り生を思う (JUGEMレビュー »)
五木 寛之
生と死にテーマを置いた対談集。深い示唆を与える対話が多く、買って良かったと思った一冊。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
気ぜわしくてつい

いよいよ17日でこっちの勤務は終わりだわ、息子は引っ越すわ、あれこれ気ぜわしくて、更新するの忘れていました。

でも息子は、なぜかまだ家におります。

今むこうで暮らし始めると、パソコンは床に這いつくばってやらなければならないし(デスクトップよ?ww)、テレビもないし、洗濯は風呂場で手洗いです。

要するに、予定がちゃんと立てられてなかったわけですわ。
あほめ〜。

しかしね、駅から徒歩15分もあるド田舎なのに、何だか家賃が高いなあ…バカだなーそんなとこにしちまって…と思ったんですが、室内を見てすごい納得。

分譲マンションの我が家よりも収納スペースや各機能が充実。
そして築2年で美しい。床下収納…浴室乾燥…だと?


………むかっ(-_-;)


何でもいいけど、おいらに寂しい思いをさせるなら、部屋をきちんと片づけて「どうぞお使いください、お母様、きれいにしておきましたので」(そんなキャラじゃないけど)とちょっとは私にも楽しいことをくれっ!

寂しいわ、部屋ももらえないわじゃ、死んでも死にきれん。大げさだけど。まだ死なないと思うけど。

独立祝いに、洗濯機と炊飯器だけは買ってあげることにしました。

しっかし、ニ*リって何でも安いのね〜。
ほんと、びっくりした。

*

ようやく次のレポートへ向けてスイッチが入りはじめました。

アカデミック・ライティング2 です。
いきなり英文を書き始める勇気も力もないので、今和文でエッセイ書いています。
それを英訳したら、、、、今回は強力な助っ人がおります!

David@英会話の先生 に見せるっ!

文法チェックだけしてもらうww
なぜなら彼は英語がとても得意だから♪(爆)


*

最近、今更の携帯CDプレーヤーも持ち歩いているんですよ。

なんで今更?と思うでしょ。

英語の教材って、大体CDがついてるんです。
「そのうちiPhoneに取り込んで聴きましょう」なんつって、軽く誓いを立てるでしょ?

まあ、聴かないんだわ、これが。

取り込むのが面倒で。

しかも、月刊誌なんか毎月毎月iPhoneに入れ替えたりなんか、まーずやらないんだわ。
皆さんの性格はどうか知りませんが、私は無理です。(キッパリ)
そんな七面倒くさいこと、やらしまへん。

そこで、さっと出してパカっとCD入れればすぐ聴けるものを買ってしまえと。

今安いのね、3000円くらいだったかな。

ようやく聴くようになりましたね。

Davidにも「もっと聴く方にも力入れろや、こら」と言われてしばかれたので(ウソ)、なんだか耳が慣れつつありますね。知らない単語を聞き取ってたりすることがあります。
…すごく稀に。(爆)

通勤時間が長くなり、こういうことに費やせる時間が増えることはラッキーなのだと思っておきます。

往復1時間以上リスニングやその他の勉強ができるんですから。


寝なければ、の話だけどね。ヽ(^o^)丿

posted by: プレア | 日常 | 17:51 | comments(4) | trackbacks(0) |-
何は無くとも肩パット
どうも首が詰まると思ったら、タートルネックを後ろ前逆に着ているプレアです。
いつもお世話になっております。<(_ _)>

ちょっと首を引っ張ったら、タグが喉元に見えるんだもの、びっくらこいちゃったわ。

日曜日に八王子に行ったら、八王子そごうが閉店するってんで、誰もが足を止めるほど安いセールをやっていて、ついつい図に乗ってしまいました。
お近くの方、明日までですよ。

そごうさんには随分お世話になったので寂しいですが、あれだけの建物、今度は何が出来るのだろうと、ちょっと次への期待もしておりますよ。

*

やだやだやだと、心の中で地団駄を踏んでいた異動の話ですが、ようやく吹っ切れました。
なぜなら今いるところの仕事が終わって、新天地に行く間に2日ばかり休んでもいい?って常務に聞いたら「どうぞどうぞ」と。

ひゃっほー!!!

……単純にも程があるってか。

ちょっと異動地にも用事はあるんですが、娘ちゃんも今ようやく暇になったので、どこか気分転換にでかけようかな…なんて考えておりまする。

ふっふっふ…。

気合い入れて遊ばないとね。朝寝坊なんかしちゃうと、あっという間に二日間なんて終わってしまうからね。

まあアレだ。まずは異動先近くに内科クリニックを探しておくことと、電車の定期を買って、もしかしたら駐輪場を手配して、もしくはバスの定期を買って、それから鎌倉あたりへ繰り出すか、じゃなかったらTDSまでひとっとびもいいな。

うんと遊んだら、腹をくくる。

いやー、本当に今回色々考えたんですけどね。

結局、自分はこういう者ですと名乗れる立場を失いたくないのだなと思いました。
誰それの妻としての自分だけでは嫌で、自立した一社会人でありたいのだと。
いつ何があっても、自分の足でしっかり立っていられるように。

父や義母には申し訳ないけどね。なかなかお世話もできなくて。
でも、娘、嫁が忙しい、頼ってはいけないと思うと、逆にしっかりするようです。
二人ともしっかりしていますよ。
性格はいろいろとアレなんだけれど。
元気でいてくれることに、感謝しなくてはね。

*

その、性格がアレな件。

特に実父ね。
想像力に乏しく、すべて一般論の正論を振りかざすので、世間話をしていてもイライラします。
しかもその一般論も、すでに時代に何度も塗り替えられた古い物。
あとテレビで聞きかじった物はすべて正しく、マスコミのバイアスには大変素直にひっかかる。
ステレオタイプの典型。

性格、の問題というよりも、情報弱者の一種なのかもしれません。

人それぞれ、とか、自分とは全く違う他人の生き様を受容するという観念がない。

読書をしてこなかった人の末路かなあと思います。
色々な人生パターンを読んでいないから、自分とかけ離れればかけ離れるほど、心情が理解できないんじゃないかなぁと。

あのまま死んではいけないんでしょうが、聞く耳も持たず、娘としては大変悩ましい問題。。。

父の価値観だと、結婚しない若者、離婚をする夫婦、子供を持たない夫婦は社会から逸脱しているように見えるらしいです。
まあ、こういう頑なな人もいる、と私も受け入れなければいけないんでしょうな。

*

母の箪笥から、着られそうな物をだいぶもらってきました。
遺品の確認はほぼ終わってて(何年経つんだよ…w)、あとは処分してもらって構わないものばかりなのですが、父には処分できないだろうな。

母はおしゃれだったので、良い物も多くて助かります。
…が、スーツとかジャケットは何は無くても


とりあえず肩パット!


の時代の物ばかり。
90年代半ばくらいまでだった?肩パットの時代。

あんなに肩をいからせて何を主張していたのだ、当時の女性たちよ。>自分も含め。

ほんとーーーに、今見ると滑稽なシルエットで着られないものが多い…
ごめんよ、かーちゃん。

流行は循環すると言うけれど、肩パットが流行る時代が、また来るんですかね…?

そして一番の目玉商品(笑)が黒いミンクのコートだ。
さすがに捨てられないぞ。
しかし、最近毛皮のコートを着ている人もいないぞ…。

どうするよ、これ…。
posted by: プレア | 日常 | 13:24 | comments(6) | trackbacks(0) |-
周辺が春めいてきた

変動の春です。

*

まず…

長男が独り立ちをすることになりました。

いずれは…という話は前からしていましたが、急に決めやがりくださいまして。

やっぱり、さみちい。(´・ω・`)

週に一度は帰ってくるよと言うのですが、長い人生経験上、そういう約束は段々間が空いてくるようになるものでして。

目下の心配事は PS3を持っていくのは待ってくれ、まだFF13-2をクリアしていないんだ
思っていたより、家賃の高いところを選んでしまったので、大丈夫なのかということと、
やはり食生活の乱れですね。
タニタにでも就職していれば、安心だったんですけどw

しかし、大学を卒業して働き出して落ち着いた頃、親元を離れるという選択は、年齢からみて精神的に妥当な成長の仕方をしている表れだと思うので、止める理由はありません。

ただ、私の勉強部屋が確保できるのだけは嬉しい。
もうホント、ストレスの元だったのでね。
頑張らなくては。


*

この春、娘がどうやら卒業できるようで。

昨日、卒業制作展に行ってきました。

親ばかですみませんが、その一部をご覧いただければ幸いです。<(_ _)>
リトグラフです。



室内の光が反射してしまって残念。↑




何万字の卒論よりも、好きなことを形にする卒制の方がきっと楽よねー。

なんて考えていたのですが、これが大間違い。

家でもできる卒論の方が楽!

朝は7時ごろ家を出て、8時前くらいに大学に着くのですが、大学のアトリエが閉まる22時までひと月以上、ほぼ毎日缶詰めになっていましたね。

昨日指導教授から版表現特別賞をいただき、すごく嬉しそうに帰ってきた娘。
本当に心配になるくらい良く頑張っていたから、認めてもらえて良かったね。

制作中、気晴らしにと一度ショッピングモールに連れ出したのですが、着飾って買い物に繰り出しているお嬢様方には混じれないような、疲労のオーラ。

その風情は、まるでセンター目前で半分ノイローゼみたいな受験生…はたまた、子供産んだばかりで眠れていないお母さん…。と言えば想像できるでしょうか。

「やべー、この娘やべー…」と心中で呟きつつ、その日から弁当を作ってあげる率が高くなった。

そういう頑張りを知っていると、一丁前に出来上がった作品をみて、涙ぐみそうになってしまう。
娘に笑われるので、必死で我慢しましたが。

来月六本木で行われる、東京五美大展にも一点出展させていただけるのだそうです。
娘のことはともかく、面白いですよ。油絵なんかもとても面白い。
作者の頭の中身を心配してしまう絵がもりだくさん♪
お暇な方は是非〜♪

油絵専攻は、おかしな発想でおかしな絵を描いてナンボという風潮があるらしく、それで版画に転向したらしいのです。版画は自由だけど割とまともなんだとか。
「普通に人物画が描きたい私には大学の油絵は無理。それにリビングとかで体からタコの足が生えているような絵を描いていたら、家族が心配するでしょ?」
すごく納得…。なるほど。

実は…、ずっと油絵だった高校の時、すでに「窓から金魚が列をなして侵入してくる絵」とか「巨大な魚の骨が空を飛んでいる絵」とか描いていて、「頭心配デビュー」は済んでいますけどね。。。

*

さあて。
私の転勤は割と早くになりそうです。
こういうことがアバウトで辞令交付もちゃんとなされないという、ここら辺が中小企業体質ですよ。
はっきりそしてちゃんとしてほしいもんです。

ボスキャラ的な女社員が異動してくるとなると、受け入れ側は不安、警戒するものなんですかね。

そこの現場のリーダーと工場長はこの人事異動を歓迎してないオーラ満載(それを隠せないとは、ちょっと人間性を疑ってしまいますが)なので、しばらくは大人しく虎視眈々と自己表現の機会をうかがっておきます。

最初は譲って新入社員並みに、謙虚でいなければなりません。

うまくなじめたら、徐々に自分の実力を発揮したいと思います。

と、心に元気があるときは前向きに考えている。
ダメなときは眠れなかったり、昼間もハロワ見てたりする。
でも、結局勤続年数を重ねた会社を離れて、いいことは何一つないとその都度気づく。

今そのような心の揺れの真っ最中…。

これ以上マイナス要因が増えたら、「やめたっ!転職じゃっ!」って決断するかもしれんですが、、、今のところこらえています。

そういうとき、きっと身なりって大事。
突拍子もなく聞こえるかもしれないけれど。
しばらくは大人しくしているけれど、「私は自分というものをしっかり持っていたいのです!」と、自分の代わりに主張してくれる着こなしがあると思う。

人の本質を見抜くには、だいぶ時間がかかる。
でも第一印象は、一瞬で形成される。

*

春。
そろそろ花粉対策の時期?
昨日出かけていたら、そんな気がして。

posted by: プレア | 日常 | 12:13 | comments(3) | trackbacks(0) |-
同窓会とか歌とか
残念だなぁーもうー、高音がフラフラしてら。

いや失敬、失敬。

昨日の仕事帰りに2週間以上ぶりにヒトカラして帰ったんですよ。

そんなに開けちゃーダメだね。
出てないんじゃないんだけど、すごく「無理してる」感満載。

動画を撮って…というか、自分は写さないので録音と同じなんだけど、とにかくそういうことをして帰るでしょ?

うちに帰ってiPad等から、うたスキの自分のページに行って確認するんです。
で、よければ公開する。
そうすると、もしかしたら誰かがハモリをつけてくれたり、評価を入れてくれたりするんです。
すごいでしょ、へへ、どうだやってみたくなっただろ、さあ仲間になりなさい。

だけど、自分のページにのみ保存された状態で確認すると、人様にお聞かせしてもいいかなという出来は10回に1回。
じっくり後で聴くと軽く凹みますが、アラがすごくよく見つかるので、勉強にもなりますね。

今までいろいろ試行錯誤してきて、一番いい出来に撮れるのは、娘と行くとき。
何だろう、ヒトカラよりもリラックスしていられるんですかね。
ろくに口も利かずに淡々と次々歌ってるだけなんだけど、疲れもしないし、声も伸びる。
次がヒトカラのとき。
友達と行くと、良く見せたい良く聴かせたいとかいう邪念がプレッシャーをかけるんですね。
まったくヒドイもんです。
一番にぎやかで楽しいイベントなのに、申し訳ないったらない。
ていうか、麺-タレ-麺が弱いんだな、おいら。(´・ω・`)

ああ、この私の薄いガラスのような心、優しくしてね、はぁと。(´∀`*)

……すみませんでした、反省してます。
一応明確にしておきますと、メンタル面のところから反省してます。

たまには、もうこれ以上歌えませんというほど一人で籠ってみたいわー。

*

社会学のテストが近いが、あまりすることがなくて不安。
なぜなら持込み可で、その場で小論文を書く感じの試験だから。
(テーマが数題ある中、一つのお題を選択)
一応、3題ほど練習してみたけれど、出たとこ勝負だからなぁ。

どんなに練習しておいても、そのとき論理的に文章を組み立てられなければ終わり。
だから、今回のテストはテキストをできるだけ読んでおいて、あとは当日頭がクリアでいられるように、体調と睡眠管理をしっかりしておくのがいいのだと思う。

得意分野のお題がありますように。

高齢者問題、教育問題、若者の草食化問題(は?)などが出ると、頭の中に独自の理論があるから、論じられそうなんだけどな。
そううまくはいかんのが、大学の勉強。

*

はいはい、今年も早々に中学の同窓会に参加してきました〜♪

ひとことで私の心に残っていることを表すのならば、あの日の同窓会は「TMネットワーク〜追憶編〜」

もうね、TさんとMさんが、…三次会は出てないので知らないけど、二次会では終始ラブラブだったのが微笑ましいやら、腹立たしいやら、うらやましいやら。

このお二人はー、中学の時に付き合ってたんだって〜♪ 
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
全然知らなかったー\(^o^)/

なんか、結婚しましたの挨拶みたいに各テーブルを回り(ナゼなんだ…)私もしばしお二人をいじくらせてもらいましたけども。告白はどっちから?とか。どうやって告白した、とか。

とても若く見えるお二人で、今でもかなりお似合いだわと思ったけど、あまり盛り上がっても、その先には修羅場しかないので、一応黙っておいた。

実はその女性・Mさんとは、一次会で席が隣だったので、「どうも、はじめまして」と妙な挨拶をさせてもらって、気が合っていたところだったんですよ。

いや、6クラスもあってごらんなさい、知らない人も出てくるっての。
一度も同じクラスになったことのない、まったく知らない方だったの、マジで。

あれ、そういえばさっきお友達になったMさんはどこ?と二次会で探せば、たしかツッパリだったY.Tが何やら連れ歩いてあいさつ回りのように動いている…。

どういうことなの。何が起きたの、と。

いよいよ私の近くにもいらしたので、「どうもこのたびはおめでとうございます」と言ってみたら、「あ、いや、どうもありがとうございます」って、普通かいっ。

でもいいよね、ああいうの。
初めての彼氏、彼女と、同窓会での再会を、とてもとても喜んでる、楽しんでる。
いいな、いいなー。
で、私も挨拶回りしてみたいんだけど、ずっと片思いしていたIくんとか高校になってから喫茶店デートを何回かしたMくんとか、いつ参加するの?(´・ω・`)

大人しかった私には(ここ真面目な話ですから)、ツッパっててとても近寄れないオーラを放っていた人たちと、普通に話ができて、
彼らがどんなふうに、「今」を築いてきたかを聞ける同窓会はとても楽しい。
彼らの話は、だれのケースでもとても考えさせられる。
人生の中で、ツッパリ経験のみならず、様々に紆余曲折あった人の方がどんどん心が大きくなっているような気がする。
同窓会には、いつも驚きと喜びがあふれている。

あんな人が犬自慢とか、こんな人が孫可愛くてありえねーとかね。
昔の姿しか知らなかった私らから見れば、あなたたちの方がありえねー。
そんなわけで、とても楽しかった次第です。

幹事さんたち、毎回同じ人ばかりでは大変です。
何かお手伝いできることがあれば、いつでも言ってねー。

*

電車通勤が始まるので、ちょっとまともな服を買わないと。
今までは、ほとんど自転車だったので、かなりいいかげんな恰好でして。
手始めにカシミア混のコートを買った。

こんな色、今を逃したらもう一生着られない気がして、実は…

初めて真っ赤なコートを買った。

こんなん着てもいいのかしら、と躊躇っています。( ゚∀゚)アハハ
posted by: プレア | 日常 | 12:15 | comments(9) | trackbacks(0) |-
今年の目標

今頃ですが、

あけましておめでとうございます。

しょうもないブログですが、今年もゆるゆると自由に更新していきますので、
どうぞお立ち寄りくださいませ。よろしくお願いします。<(_ _)>

さてと、有言実行型の私としては、ここで目標を明文化することにより、自分を叱咤しようと思います。

少しお付き合いください。


〇まず、学習面です。

高望みはしません。去年並みに単位を取れればいいと思います。
いや、取ろう!きっと取れる!取れるんじゃないかなー?
……取れるかな…(´・ω・`)。。。

去年は、自分が「一年にこれくらい単位が取れたらまあいいよね」という理想を達成できた年でした。
やはりレポートが好調だったことが良かったように思います。
レポートが一度で合格をいただけると、あとは試験に通ればいいわけですから、本当に助かります。
丁寧な指導も、それはそれで有難いのだけれど。
今年もこの調子で!

それから今年は、一度成績証明書を申請して、既得単位数に関して自分の認識が間違っていないかどうか、確認しておきます。
その結果によって、「卒論指導登録」をいつごろするか決めたいと思います。
卒論指導登録ができる基準まで単位が取れたっていうのは、ヘタレな私には夢のよう。

1月の試験後にとりかかるレポートは、「アカデミック・ライティング2」に決めました。
小説の書評を書くという、苦にならない感じの課題なので。
作品もすでに読んでいた物を使用します。
なんせ、4単位科目です!テキストすらキラキラして見えます。←ナゼ

ラフが書けたら、デイブ@英会話の先生にエラーをチェックしてもr……えへ、えへへへヽ(^o^;)丿
別料金かなー。次回下手な英語で交渉しよう。


〇仕事について

まあ、この間からずっと憂鬱なんですけれども。
遠いということは、自分次第で楽に通勤できる方法があり、苦にならないと思われ。

何が憂鬱って、、、

挨拶、見学、会食があったのですが、その事業部の現場のお局が、ひどくトゲトゲしかったこと。
常務いわく、「あなたを思い切り警戒してましたね…なんだ、あの態度は大人げない…」
出来ればあまり接触したくないタイプですなー。

近々また常務と話し合いがありますので、私の役割を明確にしてもらうために、詳細詰めておこうとは思いますが、、、

たまに求人広告見たり、ハロワのサイト見たりしていることは、ここだけの話。( ´ノД`)コッソリ

とにかく仕事は論理と倫理を大事に、やっていきたい
論理…理にかなった振る舞いをする。こうだから、こう。当たり前のことを当たり前に。
倫理…良心に基づいて正しいことだけを自分の言動とする。

うじうじと後ろを向き、会社を恨んでも仕方ありません。
信頼して仕事を与えて続けてくれるということは、とても有難いこと。だから、やるだけやる。
でもあまりにもストレスに負けそうになったら、自分を大事にする方を取るかもしれません。
本当は、経済的にずっと自立していたいのですけれども…。

乗り越えられない試練は与えられないと思っているので、どうにかなると思いつつも、いろいろと気持ちが揺れているっていうのが、正直なところ。

〇健康について

弱いながらも、最近少し胃腸が悪くなる度合いが軽くなったので、良い傾向だと思っています。
今年はもっと野菜とカルシウムを摂りたい。

去年の秋くらいから、極端に珈琲を飲む回数が減ったんですよね。
なぜなら、不整脈を誘発するから。
出かける前などは絶対飲みません。
やめようと思っているわけではなかったのに自然とそうなったということは、体からの要求なのかもしれないですね。
引き続き、コーヒーのような刺激物は避ける。

なんとかスロージョギングが習慣化させたいが…これは生活が変わることもあって、自信なし。

〇趣味について

カラオケ、手仕事などですが。
これは努力しなくても精力的にこなすので。(笑)
何も年頭に当たって、心に誓う必要はないかもしれないけどw

あ、ラップトップケースを手作りしたい!
ええと、iPadを持ち歩きたいんだけど、底を厚めにして弁当箱も他の書籍も入るように。
革の持ち手を付け、キャス・キッドソンの生地がまだ余っているので、それを生かしたいな。

カラオケはーー、裏声を駆使して、高音を安定させる!

そうそう、うたスキ会員の方がいらしたら、是非うたともになってくださいませ〜。
twitterアカウントと同じでひらがなの「めたふぃじか」で登録しています。


以上でっす!(`・ω・´)ゞ

posted by: プレア | 日常 | 12:55 | comments(3) | trackbacks(0) |-
2011年総括

今心に残っている今年のことを少し…。

*

学習面では、今年はそんなに頑張っていた記憶はないが、運が味方をしてくれたのか、好調だった。
気が付けば、折り返し地点を過ぎていた。
単位数を稼げる科目に集中したのもよかったらしい。

必修総合科目は終わりが見え、卒論の指導登録も考える時期に。
「絶対卒業してやる」とは思いながらも、どこかで「もしかしたらダメかも」
「どうしてこんな大学を選んでしまったのだろう…」と、コッソリくじけること十数回。
今年は、「もしかしたら、本当に卒業できるのかも」に気持ちが変わった。

*

3/11
今まで生きていた中で一番大きな地震を体験した。
その時もとても怖かったし、子供に再会するまでが怖かったし。
テレビが伝える惨状が恐ろしかったし。ずいぶん泣けて困った。
一度に1万人以上が亡くなるという意味が、本当の意味が、事実としてというよりも、形而上学的な意味が分からなくて恐ろしかったから。
何の意味があるというのかという、心の叫び。

今でも本当はどれだけの放射能が降り注いでいるのか、数年後の若年層への影響が怖い。
人間など小さな存在。できることは少ないと思い知らされる怖さ。

そして私は私の意見をここでキッパリ言っちゃう。
地震大国・日本には、原子力発電は合わないと思う。
定期的にグラグラ揺れる国に、こんなに危ない物をたくさん置かなくてもいいじゃない。

神奈川県知事やソンさんの取り組み(メガソーラー)が実現するのか、見守っている。

*

家族はみな、おかげさまで元気だった。
長男は、SEになり、ゲーマーとしては大活躍(?)と、どこにも自慢できないけれど、ほぼ健全に生活している。
しかし、お前ね、これだけは言っておく。
とにかく、自分を解放させる趣味はずっと持っててもいいと思うけど、常に地に足はつけて生きて行ってほしい。

長女は、大学四年で今は卒業制作でアップアップしている。
毎日休みなくアトリエに通いっぱなし。毎晩10時まで版画に取り組み、帰宅するとリトグラフに使用する薬剤の、ヤバイ匂いのする女子になっている。
そのうち職務質問でも受けるんじゃないだろうか。
明らかに卒論の方が楽だ。家でもできるからね。
ちなみに彼女は大学卒業後、専門学校に通い、再度狭き門の就活に臨む。

とにかく君たち、親が死ぬ時に安心して死ねるなあ…と思わせる大人になっていてくれるのが、一番の親孝行だから、そこんとこ、よろしくと言いたい。

夫は相変わらず酒飲んで、メールが時々カオス=元気だ。
台風や地震、災害になると深刻ながらも、テンションが上がっている。=元気だ

*

健康面ではいろいろと変化があった。

良い変化としては夏以降、胃腸炎の回数が減っている。…と思う!たぶん!
脱水症状が起きるほどのひどい下痢をしなくなった。
ただ、なるべく整腸剤を飲み、ヨーグルトを食べ、良い乳酸菌を増やそうとしているだけ。

それからためしにもらった過敏性腸症候群の薬が、私の下痢には良く効くことが分かり、何か腸が過敏だけど出かけないといけない、というときに心強い。ピタッと過敏症状が治まる。
ただし、その後数日頑固に出なくなるので通常は使えない。
(すみませんね、こんな話で…w)

悪い変化としては、期外収縮(不整脈の一種)の回数が増え、「発作性上室性頻拍症」などという名前をもらったが、治療するほどでもない…けど時々不整脈だらけの日がくる。
心配な不整脈じゃないと言われているものの、そういう日は顔が真っ白になる。
しかし薬も出されていないという、一番どっちつかずの厄介な状態。

「不整脈の日」にはどうしても大人しくしてしまう。
心臓の動きが心もとないのは、何と言われようと怖いのよ?
グルグルプルプル胸の真ん中で狂ったように回るんだから…。

あと、生まれて初めて骨折した。
案外すぐ治った。←肋骨だから?

最近、心臓の機嫌の良い日には、スロージョギングをして、体力UPを心がけている。
なかなか30分はできないのだけれど、胃腸も動く感じがして良い。

*

仕事運は悪かった。

私が管理している事業所の第一顧客の、約50%の減収が、ある日日経新聞にデカデカと載った。
どうも今年に入ってから、締め付けがキツイと思ったが、これかと思った。
ずっと安定していた事業所が、存続させようと思えばできるはずなのに、経営陣が安全策を選択した。

パート作業員は早々に事実上の解雇。
私は来年の春、神奈川南部の事業部に異動。

この年末、一番の頭痛の種。
しかし、力量を試されている異動なので、苦労はチャンスと思うようにしている。

*

今年は出会いに恵まれた。
友達が増えたように思うし。
…私が友達と呼んでもいいのなら。

歌のお友達とか。
大学のお友達とか。(通信だからできにくいのだけれど)

夜間スクーリングは例年になくアットホームな雰囲気で、一部の気の合った人たちと新年会も予定している。
打ち上げは笑いの絶えない、本当に良いメンバーだった。
先生の明るさが伝染したのだろうとも思う。

イギリスで博士号を取得した才女なのに、まったく鼻にかけず、
「この小説の中のこの人(男)とこの人(男)は怪しい、案外多いんですよ、イギリスは。きっとそっちですよ、私はそうとしか読めないんですけど、どう思います〜?」

って…私はそれ以外の関係もありうると思ったんですが、…先生、

博士号を持つ腐女子なんですか?

犬が大好きで、イギリスと日本を行き来しながら、この子の血を絶やすまいと愛犬を妊娠させ、あとはお願いねって夫に愛犬を託しw、帝王切開の難産の末、愛犬およびその子犬の世話のために(帝王切開だと母犬があまり世話をしないので)、時差を利用して夫を夜中に起こしw、無事育て上げた(夫がね)という…。
たまに帰国すると私に懐かなくて悲しかったーって当たり前だから、それ。
ほんとに、面白い方だった。

英会話の先生との出会いにも恵まれた。
日本人をよく理解しているイギリス人男性で、誠実、真面目、熱心、親切。
帰国するとか言われたら、私は今後どうしたらいいか分からん。…とすでに思えるほど。
ER、のグリーン先生に良く似ている。頭的な意味も含め。

*

今年の買い物で、これは良かったなーというのが、Reebokイージートーン。
知らぬ間に筋肉使って、筋肉痛になっている。
広告に偽りがなかった。
冬には、ショートブーツタイプも買った。

*

まだまだ、被災地の復興は遠い。
何かできることをしなくては。
またアマゾンから被災地へ、本当に必要なものを届けてもらおう。

日々の生活に紛れて、忘れてはいけない。

と来年に向けて、自戒を込める。

posted by: プレア | 日常 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
物欲の季節と社会学

物欲をたえなばたえね ながらえば

ちょっと違うな。

ボーナスの時期ということで、日々絶え間ない物欲に耐えている。

…でも、たまに負ける。(∀`*ゞ)

おととい負けたのが、イージートーンのショートブーツっぽいやつ。

とてもじゃないが、この辺の店には置いてないのでネットで探して探して探して…、売り切れ続出の中、ようやく見つけた。

まだ「発送しました」メールが来ないので、「実はタッチの差で売り切れてしまい…」みたいなメールが来るんじゃないかと、恐れている。

今年は控えめにしないと。
結局娘の学費、ボーナスから払っちゃったし。

あと今年は、冷蔵庫を買わなきゃならんし。
取っ手が取れてしまい、開けにくいったらない。
でも良くもったと思う。製造年月日を見たら、実に17年経っていた。
取っ手が取れただけで、冷却機能には問題がない。
日本製品、スバラシ。

冷蔵庫周辺も中身も片付け…と、結構面倒な作業がついてくるのだけれど、早めのパブロ…じゃなかった、大掃除だと思えばいいか。

*

今朝、大幅に寝坊した。

最近6時に起きようと思っても、寒いせいかとても辛いのに、春からどうやって6時半に家を出るの、あたし…。

睡眠5時間でも十分な体になりたい。
6時間以上寝ないと、朝起きた時が辛いのがもどかしい。

*

来週、異動先に見学と説明を受けに行く。
なぜか社長と常務、二人で出迎えてくれるらしい。

落ち着かないから、どっちかでいいのに…(´・ω・`)

異動先は駅からも遠いのが憂鬱。
最寄駅から徒歩20分ともなると最寄駅と名乗られるのが腹立たしく感じる。
いっそ、「最寄駅は?」「ありません」と断言してくれたらすがすがしいのに。
そうか、ないのか…って諦めるよ。

バスも調べておかないといけない。
何かと気が重いこの頃。

*

社会学のレポートで、高齢者問題を扱ってみた。
一度で合格している気はまったくしないのだけれど、そこに使った調査データが面白いと思ったのでご紹介したい。

現実社会の高齢者比率は、現在23%ほど。
間もなく25%を超え、4人に一人が高齢者になる。
少産型の日本にとっては、生活保障の担い手は減る一方で、頭の痛い問題。

ところが、テレビドラマの世界には高齢者が大変少ない。
まるで高齢者って何?それ、どこにいるの?という世界。
そこでどのくらい現実と違うのかと、自分で2011.11現在放送している連続ドラマのレギュラーキャラクターの年齢を全部調べてみた。(各局の公式サイトより)
キャラクターの年齢を設定していない場合は、役者の年齢を入力。
(配信するだけの海外ドラマは含まず、国内各局がプロデュースしているドラマのみ)

キャラクター人数、のべ305人。

平均年齢は37歳。
65歳以上のキャラクターは7%。
現実社会は23%なので、三分の一以下。
80歳以上と設定されたキャラクターは305人中、たった1人。

さあ、この数字どう思いますか?
案外多い?少なくてびっくり?
創作なんだから、自由?現実と違って当然?やはり違い過ぎて不自然?

私はこの現象を、社会的規模の高齢者ネグレクトじゃないのかという視点で論じてみた。
主張の根拠が少ないと言われ、Dになりそうな気がしているけれど、それはまた別の話w
調べたこと・考えたことが有意義だった。

こういう現象について「よく考えてみる」だけでも、それはもう社会学をしているんだと思う。
数学や物理と違って、社会学や哲学は、実は手軽にできる。
深く考える脳さえあればできるのだ。

posted by: プレア | 日常 | 12:44 | comments(4) | trackbacks(0) |-
異動

3/1から神奈川のもう少し海に近いところへ異動が決まりました。
もしかしたら4/1〜です。そんな感じの会社です。

N課長からは、
「嫌なことがあったら江ノ電に乗って、海を見に行くといい」
という、まったく役に立たないアドバイスをいただきました。
本当にありがとうございますよ。
「バカヤロー」と叫んで、また会社に戻るわけですね?

通勤は自宅からたぶん一時間半くらいと見ておいた方が良さそうです。

幸い、朝下り電車に乗る上に、始発もあるので、超満員電車には乗らなくても済みそうです。
ここ、私には重要なポイントでした。

この会社に勤めてかれこれ13年くらいになるのかな。
最初は近所でパート募集していたから社会復帰のリハビリに、と何とも軽い気持ちで、現場兼事務として入りましたが、何だか徐々に自分の居場所を確保してしまって寄生し続け、3年目くらいに正社員になり、今やどっぷり会社人間。

今度のところは外資系の顧客とメール等でやり取りしなければならないので、英語の強化には今までよりはっきりした動機づけができた。
これは私にはラッキーなことと思っておきます。

ただ、まさに今大学生なんだし、と英語力の過大評価をされているのではないかということが、今一番怖いんですけど…(´ε`;)…

デイブ(英会話の先生)とのデート(爆)、増やそうかしら…。

*

ということで話はデイブにシフトしますけどね、彼とのレッスンはたぶん周りで聞いていると変です。

彼は日本語が堪能で、日本語を使って仕事もしていますので、ややこしい話のときは助かります。

が、

私は彼の話を英語の相槌(?)を使って聞くでしょ?

なのに彼は、私のたどたどしい英語を聞くとき

「ふーーーん、へえ…」って聞くんですよ。もう職場での癖なんでしょうね。


前回のとき、彼に会う前に吐き気がしてたんですよね。
「実はあんまり調子よくないんですけど…軽い吐き気がして」と英語で言ってんのに

「エーーー?、ドーシヨー?」と日本語で言う。

「いつもより早く帰ってもいいですか?」と英語で答える。

まったく妙な具合です。
まあ授業が始まると、吐き気はどこかへ行ってしまいましたが。
リスニングが苦手なので、すっげーー集中してないと、分からなくなるので。
ていうことは、あの吐き気は心因性のものかもww?

仕事はとても真面目です。本業も英会話教師も。
不真面目な日本人よりよっぽど真面目です(妙なたとえ)

日本大好きで日本通の先生ですけど、この間は観光客がよくやるように、「激辛」という大きな漢字の入った真っ赤なジャンパーを着ていました…。
正直日本で暮らしている日本通のつもりなら辞めた方がいいと思ったけど、
「か、かっこいいね。どこで買ったの?」とお世辞を言ってあげました。

…名古屋だそうで。。。
「同じ漢字のTシャツも持ってるんだ」と嬉しそうでした。

…それは着てこなくていいから。

本当に外国人、漢字が好きですよね。

レッスン中の話の流れで、逆に漢字を教えてあげることもあります。
今まで教えたのは、美味しいラーメン店の名前と、「鬱」という漢字の読み方と意味でしたw

何かの役に立っていれば幸いです。
……( ´,_ゝ`)

いや、そんなの使わねーーー…ww

posted by: プレア | 日常 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ようやく冬の気配

今朝、初めて自転車通勤に手袋が欲しいと思いました。
iPhone操作できるやつ、欲しいなぁ。高いのかなぁ。
もうすぐボーナスの息子、ここ見てる〜?ヽ(^o^)丿←!

*

転勤どう?という打診があってから、さっぱり決定に至りません。
社員120人くらいの中小企業なので、TOPとその周辺役員と、中間管理職以下の間が風通し良すぎて、時々こういうことが起こります。

「こうしようと思うんだけど、あなたここのポジションどう?」っていう社長直々の話が、

何も決定していないのに

本人に伝えられる。
すっかりその気になっていると、話が進まない。
どうなったんだべ?と、周辺からよくよく聞き取り調査してみると、社長と常務が考えてるだけだよとか…。

やめてくらさい、そういうの。
もっとシステマチックに決めて、「内示」→「辞令」と段階を踏むルール作りましょうよ。

あるいはせめて口走る前に、全役員・関係者の、、、

コンセンサスを得ろよ。わかった?そうでなきゃ社員は何もやらないぞ。(by松本)

(↑ わたし的には、今年一番のインパクトあるセリフ)

これ、オフレコだから。

*

また仕事の話で恐縮です。

大きな比率を占めていた業務が終了して、はっきりいって私はヒマなので、スクーリングの予習(reading、ひたすら訳す)をしていたり、英会話の先生に出された宿題をやっていたりします。

ここ、一部の営業部の人が週に何度か来室して使うこともあり、私の背後の席でメール打ったり、商談のTELしていたりするのですが、背中向けているし、若干距離もあるのでわかりゃーせんとw、
分かったところで、私の学生部分に対しては皆寛大…というか申し訳ないくらい甘やかしていただいているので、暇なら平気で学習に没頭していたりします。

お蔭で、夜家であまりやらなくても追いついていたりして、睡眠が十分とれます。
誠に申し訳ありませんw
なんか、、私にはこの会社とても素敵です。(爆)

まあさすがに、営業マンが来ているときはそう堂々とはやりませんけどね。
ちょっとコピーしたテキストに訳をちまちま入れているくらい。

ところがですね?
N課長が本社でここに良く来る部下Mに聞いたんだって。
N「Sさん、もしかして暇じゃない?あんまり暇なのも辛いよね」←ちっ、気づいていたか…
M「いや〜全然暇そうじゃないっすよ」
N「へえ、そう?」

M「そろそろTOEIC受けたら、高得点取れるんじゃないかってくらい集中して英語やってます」

(;・∀・)?!

よ、、、良く見てるのねーーーー?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

お咎めはまったくありませんが、じゃあとばかりに、何やら集計作業をN課長が私に振ってきたのは言うまでもありませんw

でも、勉強が忙しいので、2時間で仕上げ、添付して送り返しました。(爆)

*

いいなぁ、強いプロ野球チームのファンは楽しそうだなー。

そんな思いの阪神ファンは、昨日にわかSBホークスファンになってみました。

とても楽しかったです。あはは。

SBのiPhoneユーザーなので早速お父さんトートバッグの応募をしてみました。

*

夜間スクーリングのREADINGが楽しくて仕方ありません。

だって怖い短編小説ばかりなんですもの(←?)

先生も優しくて、フレンドリーで可愛い女性。

授業形式も中高でお馴染みの、順番に読んで訳すという懐かしいスタイル。自分の番が近づくと、ちょっとドキドキ。それもまた刺激的。

何週間か前の休み時間に
「先生〜打ち上げはしないんですかぁ〜♪」と言ったら
「あ〜。もうぜひ。Sさんが幹事やってくれたら」
「(´・ω`・)エッ?」
「言いだしっぺって言うじゃありませんかー^^」

(;^ω^)うわあ、口は災いの元ってこのことだぁ…。

てなわけで、店もろくに知らない三田で、結構大人数の飲み会を設定する羽目に。

色々調べたら、やっぱり都心。ちょっと、地元より高い…。

でも、おしゃれな先生のイメージに合わせ、おしゃれなイタリアン創作料理+飲み放題の店をキープ。

たぶん皆様ボーナスも出たばかりのはずだから、少し値が張るのはお許しいただけるでしょう。

ていうか、許せ。(爆)
だって私に任せるって言ったもん。

面白い社会人が多いクラスなので楽しみっす。
胃腸の調子、整えて臨みます。

posted by: プレア | 日常 | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0) |-
やれやれ…

娘に、正式に専門学校からAO入試の合格通知が来た。
まあ専門学校を落ちることはあるまい?とたかをくくってはいたが、面接は苦手だし
定員はあまり多くないし、しかもレアな専攻なので大丈夫かいなと内心はハラハラ…。
これで娘が大卒後、ニートおよびフリーターになることは回避できたわけだ。
履歴書に穴が開かない。ホッとする。
自分が履歴書を見て、パートやアルバイトを採用する側になってみて、やっぱり経歴・職歴は重要視する。
正社員の採用の話も常務から色々教えてもらって、採用側がどこを気にするのか知ってしまったので、余計な心配ごとが増えた。
本当に安心した。

…が。

なんと、12月上旬までに来年分の学費振込ですか?

学費はきちんと積み立てているが、大学の授業料のようなつもりしてた。
3月にン十万払えるように工夫しておったのじゃ。。
わーん、予定が狂った…。

…しゃーない、私の財形を下ろすしかないか。
ボーナスをほぼ学費に費やしちゃうのは虚しいんだよね。
冷蔵庫も買い時だし、実は洗面所のリフォームもしたい。
ま、我が家の財務事情を晒してもしょうがないのでこの辺で。

とにかく、、、
よーく考えよー、お金は大事だよー♪
うっわ、懐かしい。なんだっけ、このCM…。

このままあと二年、娘の学費を払いきったら、
借金せずに二人の学費を払いきったご褒美に自分に何かを買おうかと思っている。
私大生二人の時期はきつかったー。
や、毎年冬のボーナスで何だかご褒美を買っている気がするが、それはホラ、小褒美だよw
払いきったら大褒美。

何にしようかなー…光り物…いや、サバとかそういう意味じゃなくてね?(´・ω・`)
指輪とかさ、ネックレスとか、重くて耳たぶが伸びるようなダイヤのピアスとか(ダサッ、ケバイ)
…それともイケてる時計とか、バッグは機能性重視だしな、コートもいいなー………車?(爆)
…などと考えているうちが楽しいよね。

って、え?ええええっ?

今、まさに社長からFAXが入って、この事業所を撤退して***事業部の戦力になってくれないかとかいう打診が。
あ、英語使うとこじゃん…。


え?転勤すか?


(;^ω^)うっわ、最悪…。


ショックのあまり、今日の記事はここでおしまいwww

posted by: プレア | 日常 | 09:11 | comments(5) | trackbacks(0) |-